【海外記事日本語訳】Xbox Series Sの価格設定がソニーとPS5を苦境に立たせている?

マイクロソフトがゲーム機市場の両端に位置したため、PS5の価格公開を前に、ソニーは気まずい立場に置かれてしまうかもしれません。

昨年12月に発表された「Xbox Series X」に続き、マイクロソフトはついにもう一つの次世代機「Xbox Series S」を発表しました。これは、同じプラットフォームのプレミアム版であるXbo Series Xと、より手頃な価格のバージョンのXbox Series Sの2台が初日から用意されるという、新しいコンソール世代の発売に向けての新しいアプローチです。

Xbox One XやPS4 Proといった世代を前にして、マイクロソフトが最新のハードウェアを手に入れるために何らかの方法で次世代機を幅広い層に与えたいと考えていることは明らかです。それは、ソニーを危うい不安定な立場に追いやっています。

ソニーは、異なる哲学を念頭に置いているとはいえ、すでにプレイステーション5を2つのバージョンで明らかにしています。ソニーは、マイクロソフトのような性能の異なる2つのゲーム機を提供するのではなく、単にディスクドライブを持つか、ディスクドライブのないオールデジタル版の選択肢をカスタマーに提供しているだけです。

PS5のディスクドライブ版もデジタルエディションも基本的なハードウェアは、性能も同じです。そしてその価格はあまり大きな差がないことを示唆しています。

マイクロソフトはXbox Series Xが499ドル、Xbox Series Sが299ドルに設定し発売されます。

Xbox Series Sの存在は、ソニーにとってマーケティングのハードルが高くなる可能性があります。299ドルという価格は、非常に強力で製造コストの高いPS5と競合するには低すぎますが、PS5の2つのバージョンが存在することで、PS5はそれが可能であるという考えにつながります。

2つの間のアーキテクチャの違いを理解している人にとっては、これは無意味なことです。しかし、単純に2つのXboxコンソール、2つのPS5コンソールとして見ているほとんどのユーザーにとって、同じ2つの価格帯で販売すると受け取ると、非常に混乱を招く可能性があります。

それはすでにソーシャルメディア上でも明らかで、PS5デジタル版の価格をXbox Series Sに合わせたものにすべきだとの意見が多数寄せられています。ソニーがその動きに合わせるのは無理があり、可能性があるとは思えません。

ソニーが潜在的に問題を抱えているのは、安い価格だけではありません。XboxシリーズXが500ドルで登場することは、マイクロソフトのマーケティングが市場で最も強力な次世代コンソールであることを自慢してきたことです。

マイクロソフトはXboxSeriesXを世界で最もパワフルなゲーム機と宣伝。

      

2013年、PS4はXbox Oneと比較してより強力なコンソールであるだけでなく、より安価なコンソールでもありました。当時のソニーは、ファーストパーティのタイトルに関しては、まだあまり評判が良くなかったのですが、それは問題ではありませんでした。それは、ソニーが必要としているスタートを切るのに十分な内容でした。

マイクロソフトが次世代機でこれからやろうとしている戦略は、まさにその流れかもしれません。

発売初期の出足でリードを獲得したからといって、それがいつまでも続くわけではありませんが(PS3のサイクル後半での復活は、バンドローンチがいかにして逆転できるかを示しています)、それによってトレンドが確立されてしまうと、その流れを断ち切ることは難しいのです。早期導入には雪だるま式の効果があり、友人やコミュニティはマルチプレイヤーゲームで人気の高いプラットフォームに引き寄せられるようになります。

しかし、クロスプラットフォームのマルチプレイヤーの台頭は、これをある程度緩和する可能性があり、シリアスなマルチプレイヤーコミュニティは常に公式大会でサポートされているプラットフォームに従うでしょう。しかし、どちらの側からも強い門外不出を望む声があり、それをプラットフォームとして利用して、好意を取り戻すのではなく、確実に拡大していきたいと考えています。

500ドルの XboxシリーズXは、ソニーからの反応を強制する可能性があります。 すでに内部で決まっている価格であるかどうかを知る決定的な方法はまだありません。しかし、それはあまりにも長い間、ソニーがコスト面で問題を抱えていたことを示唆するレポートが出て以来、Microsoftは小売価格として低コストで生産コストを維持しています。コンソールも長い間赤字で販売されていませんでしたが、この両社の競争の中でそれをサポートするために赤字で販売しようが財政的に安定性を持つ1つの企業があるとすれば、それはマイクロソフトです。

ソニーはプレイステーションブランドに依存していますが、XBOXはマイクロソフトのマネーメーカーではないので、価格面でマイクロソフトに対抗することを目標にしているのであれば、XBOXに合わせて価格を調整することはできないかもしれません。生産コストがまだ懸念される場合は、ソニーがデジタル専用のPS5をXboxシリーズXと同じ価格で発売するための十分な余地があるのかもしれません。

生産で何か劇的な変化があって、ソニーが大幅なコスト削減の方法を見つけない限り、最良のシナリオはPS5はXboxシリーズXと同じ価格で販売される可能性があります。

それはより高価なディスクドライブ付のバージョン、またはデジタルエディションであるかどうかは別の問題です。ソニーはXbox Series Sに対する本当の答えを持っていません。

それを念頭に置いて、可能な限りXboxシリーズXの価格に近づくために、PS5のためにもソニーの最優先事項でなければなりません。最悪、この年末に最も高価なコンソールになるリスクもあります。

via Gamespot


あくまで、海外メディアの視点ですが、過去のブルームバーグ報道でもソニーがPS5の価格設定に苦慮しているとの報道がありました。これが今もそうなのかはわかりません。しかし、5.5GB/sという高速の NVMe SSD825GBのコストは安くはないはずです。

ソニーが日本時間9月17日午前5時のイベントでPS5の価格、発売日を発表した時に全てがわかるでしょう。一体どれくらいの価格設定で来るのか、、非常に興味深いです。一つ言えるのは、299ドルのXbox Series Sには対抗することはしないかもしれません。あくまでXbox Series Xの499ドルをターゲットに意識した価格設定になると思っています。それとも赤字覚悟で299を意識した価格設定にするのでしょうか?今のソニーが赤字覚悟のような自爆行為はしないと思いますが、、果たして?!9月17日は要注目です。🔚

1 個のコメント

  • PS5 に価格戦略面で何か残されているか考えると、Xbox All Access のように、
    サブスクリプションないしは割賦で「見かけのイニシャルコスト」を低く見せる
    プログラムを用意する方法かもしれないなと妄想。

    特に日本では、10万円以上する iPhone を割賦で買い、携帯電話の料金を毎月払うことには抵抗がなくても、ちょっと高価な品物を普通に一回払いで買うのは躊躇する、という消費者像が比較的多い印象なので。
    (本質的にはクレジットカードで分割払いするのと変わらないのですが、携帯のように分割手数料はゼロみたいなのはあるかも)

    割賦販売法との絡みもあるので分かりませんが、PS Plus の毎月自動更新のように月々いくらで支払うチャンネルは既に大半のユーザが持っているので、そこまで非現実的でもないかな、とか。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720