【Xより売れるかも】Xbox Series Sは512GBの高速NVMe SSDを搭載し、1440p 120 FPSをターゲット、レイトレーシングにも対応。Xbox Series Xの主要な機能にほぼ対応。

マイクロソフトの手頃な価格とコンパクトなXbox Series Sは、Xbox Series Xのトップ機能のいくつかをはるかに小さいパッケージでも提供。

マイクロソフトは、次期フラッグシップ機「Xbox Series X」に続いて、より手頃な価格とコンパクトな次世代Xboxコンソール「Xbox Series S」を遂に発表しました。

Xbox One世代で見られたように、Xbox One SとXbox One Xに分かれています。次世代Xboxコンソールの2モデルは、前世代同様にハイエンドのXbox Series X、エントリークラスでライトなXbox Series Sに分けられる事になります。

Xbox Series S は、Xbox Series X の特徴の多くを保ちながら、低価格を追求するためにパフォーマンスを大きくスケールダウンしています。

AMDのZen 2 CPUとNaviアーキテクチャ、高速なNVMe M2 SSDは共通仕様です。 299ドルの米国での価格で結果として得られるコンソールは、グラフィカル処理能力が、XboxSeries Xの52CUで12TFに対し、20CUで4テラフロップス (TF) になります。数値的には、Xbox Series X が誇る12TF の 3 分の 1 のパワーとなります。

しかし、個人的にはXbox One Xくらいの6テラフロップスくらいあればより万全な気はしますが、価格面を考えると4TFになるんでしょう。

マイクロソフトは、XboxシリーズSの追加のリークではさらに詳細な情報を提供しています。

リークされたコマーシャル (@_h0x0d Twitter) では、1440pの解像度をターゲットにし、120 FPSまでのサポート、専用のレイトレーシング・ハードウェアと可変レートシェーディング (VRS) 、可変リフレッシュ レート (VRR) のサポートまで対応し、 Xbox Series X で見られる次世代機能のほとんどがXbox Series Sでも使える事になります。

正直、これが個人的には大きなサプライズでした。さすがにこの価格帯でレイトレーシングは厳しいと思っていたので、ある意味でGPUパワーとメモリー以外は互換性も考慮して統一規格のようですね。

モデル名Xbox Series XXbox Series S
Processor8x Cores @ 3.8 GHz (3.66 GHz w/ SMT) Custom Zen 2 CPU8x Cores @ 3.8 GHz (3.66 GHz w/ SMT) Custom Zen 2 CPU
Graphics12 TFLOPS, 52 CUs @ 1.825 GHz Custom RDNA 2 GPU4 TFLOPS, 20 CUs @ 1.55 GHz Custom RDNA 2 GPU
Memory16 GB GDDR610GB GDDR6
Memory Bandwidth10 GB @ 560 GB/s, 6GB @ 336 GB/s不明
Internal Storage1 TB Custom NVME SSD512 GB Custom NVME SSD
I/O Throughput2.4 GB/s (Raw), 4.8 GB/s (Compressed, with custom hardware decompression block)不明
Expandable Storage専用1 TB 拡張 NVMe SSD専用1 TB 拡張 NVMe SSD
External StorageUSB 3.2 外付けHDDサポートUSB 3.2 外付けHDDサポート
Optical Drive4K UHD Blu-Ray Driveなし
Performance Target4K @ 60 FPS, up to 120 FPS1440p @ 60 FPS、最大120FPS
ColorMatte BlackMatte White, Black
Size301mm x 151mm x 151mm
Release date2020.11.102020.11.10

Windows Centralに記載されている仕様表見ると、驚くべき事にCPU速度はクロックダウンされる事なく、同じパワーのようです。これも互換性を考慮してなのかもしれません。

Xbox Series Sはまた、Xbox Series Xにも搭載されるカスタムNVMe M2 SSDを搭載しますが、さすがに容量は半減されて512GBのカスタムSSDが搭載されます。ただし、 Seagateと共同開発したSSD拡張カードをサポートしているので、これによってXbox Series Sでも高速なロード時間、複数のゲームをまたいだマルチタスクのクイック・レジューム機能もサポートされる事になります。

Xbox Series Sは299ドルXbox Series Xは499ドルで、両機種共に11月10日に発売されます。

299ドルという価格でレイトレーシング、Xbox Series Xの1TBの半分の容量512GBとは言え、同じ高速なNVMe M2 SSDを搭載するこのXbox Series Sは、マイクロソフトにとって対プレイステーションの秘密兵器ですね。

戦略上、明らかにXbox Series Xより重要なポジションのハードウェアだと思います。この Xbox Series Sにゲームパスを組みわせると、コスパの点でも相当強力な売りになると思うので、間違いなくXbox Series Xより売れるでしょう。逆にXbox Series Xの方が心配になるくらいです。

正にXBOXの切り込み隊長的なポジションのハードウェアだと思います。性能差こそあるとは言え、ゲーム機は価格が重要でもあるので、果たしてこれを受けてソニーがどう出るのかが注目です。Xbox Series Sの存在はソニーからすると、ややこしい存在かもしれません。

おそらく、ソニーは東京ゲームショウ2020でPS5の価格と発売日を明らかにするでしょう。というかして欲しいところですね。東京ゲームショウ2020で発表しないでいつ発表するんだ?というくらいのタイミングですので、注目です。

マイクロソフトは、東京ゲームショウ2020で久しぶりにトップバッターで公式オンライン番組でショーケースイベントを開催します。事前のアナウンスで「次世代機に関するニュースはありません。」としていますが、今日の価格と発売日のリークから、日本での発売日と価格も発表すべきでしょう。というより、確実に発表しないとダメだと思います。

少なくとも日本で売る気があるなら、東京ゲームショウ2020は重要な発表の場でもあるので、このタイミングで国内展開の詳細を明らかにすべきです。ソニーと同様に、この場で発表しないでいつ発表するんだよという絶好のタイミングでしょう。

東京ゲームショウ2020は俄然興味深いイベントになりそうです。🔚

2 件のコメント

  • 4K UPSCALING FOR GAMESはDirectMLの高解像度化かな?と勝手に思っています。
    DLSS2.0のようにパフォーマンスアップに利用出来ればかなり大きいと思います。
    私の妄想通りならPCでもAMD GPUでDLSS2.0-Likeな技術が使えるようになるかもしれないので、とても気になります。

    • おっしゃる通り、Direct MLの機能だと思います。マイクロソフトは以前から研究してましたよね。
      ようやく、発揮する時が来たという感じでしょうか。AMDも当然対応してくるでしょうね。
      DLSSの素晴らしさを見てると、これからはネイティブ解像度よりAI高精細化が主流になるかもしれませんね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720