【意図的?単なる宣伝?】EVGAがRTX30シリーズの iCX3の紹介動画で、2.1GHzのOCクロックがされている?事が分かる映像を公開。

8nm AmpereのGeForce RTX 30シリーズのクロック速度は、多くのマニアが期待していたほど高くはありません。カスタムボードメーカーも工場出荷時のオーバークロックは控えめになっているようです。発表からほぼ1週間後、これまでに発表された最速のRTX 3090モデルは、1755MHzのクロックとなっています。(そしてそれは、バンドルされているソフトウェアでクロック速度をOCした後の話)。

しかし、最速のRTX 30モデルの戦いは始まったばかりのようです。ASUSはOCモデルよりもさらに高速なクロックを搭載した「ROG STRIX TOP」シリーズを発売すると予想されています。ASUSもGIGABYTEも、トップモデル(GAMING X TRIOAORUS XTREME)のクロック速度はまだ発表していません。

EVGAはKINGPINやFTW3シリーズのクロック速度も明らかにしていませんでした。しかし、EVGAは数日前にICX3 Technologyの動画でクロック速度をいじっていたようです。

下に掲載されている画像は、ほんの1秒しか映っていませんが、それはRTX 3090グラフィックスカードにクロック速度をオーバークロックしたEVGA Precision X1ソフトウェアを適用した様子を映しています。グラフィックカードはRTX 3090 FTW3 Ultraのようで、電圧が低く、温度も低いことから、アイドルクロック速度であることを示しているようです。

1分40秒の動画の1分27秒あたりから

紹介映像などに使われている映像は不正確なものが多く、間違ったデータを表示していることが多いので、一応注意が必要です。しかし、EVGAはこのようなクロックスピードを持つ新製品を宣伝するために、虚偽の表示を紛れ込ませるようなリスクを冒すでしょうか?

  

RTX30シリーズのOCカスタム上位モデルでは、1.9GHz~2GHzも可能なのでしょうか?

早く欲しいから1755MHz近辺のライトOCモデルを買うか、我慢して待ち1.9~2GHz近いカスタムOCモデルを待つか。。価格もまた凄い事になりそうです。とは言え、まだ情報が出揃っていないので、悩ましいところです。🔚

via Videocardz

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720