Gainward、正式発表に先駆けて次期GeForce RTX 30グラフィックスカードの公式スペックをWebサイトでフライング公開。しかし現在は見れない状態。

Gainward、正式発表に先駆けて次期GeForce RTX 30グラフィックスカードのスペックをWebサイトで公開しました。RTX 3090とRTX 3080モデルの4ページが公開されていましたが、しかし現在のところページは見れませんので、誤って公開したのか、確信犯的にチラ見せしたのかもしれません。

GainwardのGeForce RTX 3090 Phoenixは、GSモデルと非GSモデル(ゴールデンサンプル)が用意されるようです。GSモデルはGPUが工場出荷時にオーバークロックされており、メモリ速度に変更はありません。どちらのSKUも、2.7スロットとトリプルファン設計の同じクーラーを搭載しています。

ウェブサイトでは、RTX 3090とRTX 3080モデルのスペックが確認されています。フラッグシップグラフィックスカードは、5248個のCUDAコアと24GBのGDDR6Xメモリを384ビットのインターフェイスに搭載し936GB/sとなっています。また、このモデルはデュアル8ピン電源コネクタで350Wです。

RTX 3080 Phoenixは、320ビットのインターフェイスに4352個のCUDAコア、10GBのGDDR6Xメモリを搭載で帯域は760GB/sになります。このモデルの総グラフィックパワーは320Wです。

1725 MHzまでオーバークロックモデルながら、RTX 3090非GSモデルのクロック速度は1695 MHzです。フェニックスRTX 3080モデルは、1740 MHzまでのより速いバリアントと1710 MHzのブーストクロックを持っています。

今回のリークでは、カードが7nm Ampereのファブリケーションプロセスを使用していることが正式に確認されていますが、ファウンドリに関する情報はまだ出ていません。

公式発表までいよいよあと2日です。発表を機に一気に解禁されて大量に情報が投下されるでしょう。 🔚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720