PS5 『ラチェット&クランク Rift Apart』では30fpsと60fpsの両方のオプションが用意されている。60fpsモードの解像度は不明。

ラチェット&クランク Rift Apart』は、30fpsと60fpsのどちらでプレイするか、選択肢をプレイヤーに提供する予定のようです。

ファミ通とのインタビューで開発スタジオのInsomniac Gamesは、4K解像度で30fpsをであることを確認しましたが、60fpsはより低解像度であれば可能であることを確認しました。

ということは、2560x1440P(WQHD)か 1920x1080P(フルHD)で60fpsという事でしょうか。詳しい解像度に関しては言及がありませんでした。

ICYMI Gamescomオープニングナイトライブショーは、『Ratchet and Clank』の素晴らしい拡張ゲームプレイ映像が公開されました。Rift Apartでは、Tom氏が当時説明していたように、PlayStation 5で動作するゲームを「目を見張るようなディテールとポータルホッピングのゲームプレイ」と紹介していた通り、多彩な武器によるアクション、細かく砕け散るオブジェクト、精緻なディテールの表情豊なキャラクター、カラフルでリッチな世界、そして連続してポータル移動するシーンでは描画遅れもなく、瞬時に連続して空間移動出来るのは圧巻でした。PS5に搭載される、爆速NVMe M.2 SSDの威力を活かしているように見えました。

まだゲームの発売日は確認されていませんが、開発元のInsomniac Gamesはクリスマスまでに、ゲームをプレイできるかどうかは確認していませんが、ゲームはまだ “PlayStation5のローンチウィンドウ内 “に予定はされているようです。

今回の素晴しいゲームプレイ映像で本作の完成度の高さを見れただけに、是非とも年末には発売して欲しいものです。個人的に現時点では、PS5新作タイトルで1番期待している作品でもあります。🔚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720