【nVIDIA AMPERE】今度はGAINWARDのRTX3090、RTX3080のPhoenixシリーズ本体とBOXがリーク。GigabyteもSNSで予告開始。

VideocardzがGAINWARDのRTX 3090、RTX 3080のPhoenixシリーズのBOXと本体写真、正式スペックを掲載しています。

GAINWARD PHOENIX RTX30アンペアシリーズ

数日後、NVIDIAはAmpereアーキテクチャをベースにしたGeForce RTX 30シリーズを発表します。7nmプロセス技術をベースにしたNVIDIA初のゲーミングカードとなります。

Gainwardは、この特別な発表のために新しいPhoenixシリーズを開発、カードの特徴はブラックとシルバーのデザインで、一部RGBの照明効果があるとの事。GeForce RTX 3090とRTX 3080はともにNVIDIA GA102 GPUを搭載しているため、両モデルのデザインは同じようです。2.7スロットとトリプルファンのクーラーデザインで、フルカバーのバックプレートが付いています。しかし、PCBはクーラーよりもはるかに短く、3つ目のファンが露出したヒートシンクを通して空気を押し出します。

入手したスペックシートでは、両カードのスペックを明確に確認することができたようです。RTX 3090は、5248個のCUDAコア、24GB GDDR6X 19.5Gbpsメモリ、350Wのグラフィックパワーを搭載しています。

RTX 3080は、4352個のCUDAコア、10GB GDDR6X 19Gbpsメモリ、320W TGPを搭載。両カードとも工場出荷時にオーバークロックされています。RTX 3090 Phoenix Golden Sampleはブーストクロックが1725MHz、RTX 3080 Phoenix GSはブーストが1740MHzとなっています。

NVIDIA RTX 30シリーズの主な特徴は以下の通り。第2世代レイトレーシングコア、第3世代Tensorコア、PCI-Express 4.0インターフェイス、GDDR6Xメモリ、新世代NVLink SLI(RTX 3090のみ)など。Gainwardは来週、RTX 30シリーズの発表を予定しているそうです。

Videocardzにはこの他にバックプレートや側面の写真など多数掲載されています。

そしてGigabyteもRTX3090 Ultimate AORUSの予告をツイッターで開始しています。

https://twitter.com/aorus_es/status/1299025233987411971?s=20

nVIDIAの発表まであと3日ですので、各社続々とリークが始まっている感じで、正にお祭り前日といった感じでしょうか。🔚

via Videocardz

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720