【海外記事翻訳】PSUメーカーがNVIDIAのGeForce RTX 30シリーズ「Ampere」グラフィックスカード用の12ピン・マイクロフィットコネクタを準備している模様。

先月、NVIDIAのGeForce RTX 30シリーズグラフィックスカードが、フラッグシップのゲーミンググラフィックスカードの高電力消費を容易にするために、新しい電源インターフェースを使用しているという噂を耳にしました。現在、ある大手PSU OEMがNVIDIA 12ピンPCIeモレックス・パワーコネクターアダプタの写真を投稿しています。

Seasonicは、次世代NVIDIA GeForce RTX 30 Founders Editionのグラフィックスカードのための12ピンのマイクロフィット3.0電源コネクタアダプタをリーク。

中国のメディアポータル、Bilibili (via HXL @9550pro)にSeasonicが投稿した写真は、NVIDIA 12ピンPCIe Molex Micro Fit 3.0コネクタが入った箱を示しています。モレックスコネクタはダンボール箱の中に入っており、PSUから直接2つの8ピンコネクタを利用する12ピン電源コネクタアダプタが入っています。

2x 8-pin to 1x 12-pin 電源コネクタの長さは 750mm で、ほとんどのハイエンドシステムには十分な長さです。Seasonicは、この12ピンコネクタケーブルを使用した場合の電源定格を850W以上としています。そのルックスからすると、ハイエンドのNVIDIA GeForce RTX 30シリーズのグラフィックスカードは、2つの8ピンコネクタから電力を引き出していることを考えると、1つの12ピンコネクタを搭載しているだけで、最大約300W(8ピンコネクタあたり150W)になるようだ。PCIeインターフェース自体は、グラフィックカードに75Wの電力を供給します。

我々が知らないのは、Seasonicや他のPSUメーカーがどのようにしてこれらのアダプタを供給することを目指しているのかということです。確かに、すべての新しいPSUにはケーブルが同梱されるが、すでに既存のPSUを使用しているユーザーは、Founders Editionのグラフィックスカードと一緒に出荷されない限り、あるいは出荷されるまで、ケーブルを別途購入しなければならないかもしれませせん。

Seasonicの公式アカウントによると、12ピンコネクタはnVIDIAの内部テストに積極的に使用されており、12ピンアダプタの仕様が異なり、各メーカーのPSUの仕様に合わせなければならないため、グラフィックスカードメーカーが独自にアダプタを出荷しようとしている可能性は低く、特定のPSUベンダーが提供することしかできないようです。

12V 12ピンコネクターの設計図が提供されており、一見すると、従来の2×6ピンコネクターのように見えますが、このコネクターは、幅19mm、ピッチ3mmのモレックスのMicro-Fitシリーズの電源コネクターに似ています。これは、現在のPSUが提供している2つの6ピン電源コネクターと同じ幅だが、mini-Fit 5556コネクターの6Aに対し、8.5Aの電流容量を提供しています。完璧な効率であれば、mini-Fitは600ワットの電力を供給することになるが、必ずしもそうとは限らず、実際にGPUに供給される電力は6アンペアで約400ワットです。従来のコネクター第一のボトルネックは、ピンの20AWG仕様です。

疑惑のNVIDIA GeForce RTX 3090グラフィックスカードのPCBの写真。(画像は@326powahによって修正されています)

            

また、Founders Editionのデザインは、20以上のパワーチョークを搭載すると予想されており、フラグシップではないRTX 20シリーズのカードよりもプレミアムなデザインとなっています。ファウンダーズエディションのカードは、12ピン電源コネクタを備えているが、カスタムデザインは以前のリークで見られたように、標準の8ピンと6ピンコネクタを使用することになります。

NVIDIAのGeForce RTX 30「Ampere」ゲーミンググラフィックスカードのラインナップは、NVIDIAのCEOであるJensen Huang氏が主催するデジタルイベントで9月1日に発表される見込みだ。このイベントでは、少なくともGeForce RTX 3080 Ti(またはRTX 3090)、GeForce RTX 3080、次世代のTitanを含む3つの新しいグラフィックカードが発表されると予想されています。Ampere GPUについては、まだまだ多くの情報がありますが、より多くの情報が来るまで待たなければなりません。

via wccftech

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720