【海外記事翻訳】デュアルセンスコントローラーのハプティクス(触覚)は、PlayStation 5で最もエキサイティングなイノベーションになるかもしれない。

プレイステーション5の発売まで3ヶ月を切っている可能性が高く、これまでのところ、その主要な競争相手であるマイクロソフトのXbox Series Xよりもはるかに多くの関心を集めることができました。

アナリストは、「プレイステーション5」が「Xbox Series X」を2対1で上回る可能性があると考えています。確かに、これまでのところ、ソニーはマイクロソフトよりも世代交代のメリットを「売る」ことができており、例えば最初からPS5のファーストパーティタイトルを独占的に開発することを選択しています。

ソニーは、主にテンペストエンジンによる3Dオーディオ、デュアルセンスコントローラーのアダプティブトリガーとハプティクスにより、PlayStation 5が提供する「感覚的」な体験を強調しています。

後者は、PS5のハードウェアが可能にした最もエキサイティングな技術革新であることを証明する可能性があります。多くのサードパーティの開発者は、デュアルセンスのハプティクス機能を称賛しており、ゲームをプレイしながら全く新しい感覚を生み出すことができると指摘しています。

ここでは、ニュースの中からいくつか開発者の発言をご紹介します。

Young Horses Games社長 Philip Tibitoski氏:

これまでのゲーム機では振動やランブルはありましたが、デュアルセンスの触覚フィードバックほど複雑で繊細なものは感じたことがありませんでした。

ゲームの中では、一人称視点で様々な地形を走ったり、水の中に飛び込んだり、草の上を走っているのか、水の中を走っているのか、砂や雪の上を走っているのか、その違いを感じることができます。私たちのゲームでは天気があり、雷雨やそのような性質のものがある場合は、振動を通して音がどこから来ているかを感じることができます。

私たちはアダプティブ・トリガーも使っています。異なるトラップには異なる機能があり、その中のいくつかはトリガーにテンションを与えたり、実際に使用しているように感じさせるために、それらのトリガーの中を振動させゴロゴロと音を鳴らすことで、最高の効果を発揮することができます。


ベセスダ マーケティング&コミュニケーションシニアVPのピート・ハインズ氏

触覚フィードバックとアダプティブトリガーを試してみましたが、非常に感銘を受けました。 ゲームは、これを使って本当にクールなことをしてくれると思います。


TechlandリードゲームプレイデザイナーのTymon Smektala氏。

私はDualSenseコントローラが大好きです。2020年に期待すべき未来的なデザインで、私たちがすでに生きているSF時代のような素晴らしいデザインです。形状については、手にどのようにフィットするかを確認する必要がありますが、これを見ていると非常に良い雰囲気を感じます。また、触覚フィードバックとアダプティブトリガーは、人々が今期待している以上に、本当のゲームチェンジャーになると思います。


コードマスターズ開発ディレクターのロバート・カープ氏

例えばPS5にはアダプティブトリガーが搭載されていますが、これは特にレース用に面白い実装ができるかもしれません。これについては、多くの興奮と話題があります。あなたは、異なる路面状況で異なるフィードバックを得るでしょう、私たちは多くの異なる路面状況を持っています。ハプティックフィードバックは、私たちに何か新しいことをする機会を与えてくれるので、没入感やフィーリングを高めるのに役立ちます。


アルカン・リオン ゲームディレクターのディンガ・バカバ氏

私たちが本当に興奮しているのは、コントローラーのDualSenseです。触覚フィードバックやアダプティブ・トリガーなど、多くの優れた機能を搭載しています。私たちは一人称視点のゲームで、ゲームに没入することをとても大切にしています。武器を手に持ったときの反応や、リロードの仕方、リロードに対する反応などを実際に感じることができます。デュアルセンスを手にした世界中のゲームデザイナーは皆、素晴らしい「トイ」だと思っていると思いますし、プレイヤーもその機能性を楽しめると思います。私たちにとっても、没入感をターゲットにしているので、パワーとコントローラーの組み合わせはとてもエキサイティングなものになっています。


Counterplay GamesディレクターのKeith Lee氏

DualSenseコントローラの何が面白いかというと、ランブラーのステレオ振動とトリガーの抵抗があることです。

そのため、自分の武器が他の武器に当たったときの感覚や、それがどのように共鳴するかを初めて作り出すことができます。

あなたが地面を横切って滑っている場合は、材料の表面に応じて 、砂利や砂や水の上を滑るかもしれません。振動の働き方は本当にそれらの表面を感じる事が出来ます。ですので、その体験を生み出すという点では、より強力なものになるのです。


TeamKilla Mediaの共同創設者Micah Jones氏

例えば、全ての銃声が銃のグリップを握っている手の側面を振動させ、敵がどこにぶつかったかによってコントローラーをダイナミックに振動させます。または、プレイヤーは吹き飛ぶ可能性のあるドアに行き、キャラクターは左手をドアの上に置きます。熱い場合はコントローラーの左側が振動して、そのドアが開いた時の爆発をプレイヤーに警告します。

Tango Gameworks ゲームディレクターの木村健二氏。

これは説明するのが非常に難しいので、直接体験していただく必要がありますが、DualSense Hapticsとアダプティブトリガーの感触が非常に良く、私たちを驚かせてくれました。今までにないような様々なアクションや攻撃を感じ、体験することができました。


           

本当のことを言うと、私たちはコントロールのアップデートをずっと待っていました。デュアルショック4のタッチパッドとライトバーは本当に体験に多くを追加していませんでしたが、モーションコントロールは、Wii世代の後にすぐに流行らなくなりました。

任天堂は、デュアルセンスのハプティクスを開発したイマージョン社と共同開発した「HD振動」システムをJoy-Con Switchコントローラに搭載しました。しかし、任天堂の場合はよくあることだが、これまでのところ「HD振動」はほとんどがファーストパーティのゲームでしか使われていません。

PS5のDualSenseを搭載したことで、多くのサードパーティ製スタジオが、高度にプログラム可能なボイスコイルアクチュエーターの可能性をフルに活用しているように見えますが、これにより、私たちの日常的なゲーム体験に新たな没入感を与えることができるかもしれません。イマージョン社のCEOが最近指摘したように、私たちは今、ゲームの世界に新たなイマージョンをもたらしています。

次世代へのグラフィックなど視覚的な改善に関しては、現在はリターンが減少しているレベルにあります。そのため、PS5のようなピカピカの新ハードでゲームをプレイする楽しさを、他の方法でさらに高めることが、これまで以上に重要になってきています。

そのためにも、キャラクターが歩いている路面状況の再現や、武器を触っているような触覚を追加していくことは、正しい方向性だと思います。

via wccftech


振動機能なんていらない、任天堂でも微妙な状況だしね、、なんて意見もチラホラ聞きますが、私はPS5のデュアルセンスのハプティックとアダプティブトリガーにはかなり気になりますし、どんな体験をもたらしてくれるのか大いに期待しています。

アダプティブトリガーに関しては、既にXboxOneコントローラーがインパルストリガーとして左右のトリガー内にモーターが内蔵され、Forza7やForza Horizon 4などでABSの効き具合を振動で感じる事が出来る状況ではあります。

XboxOneのコントローラーのインパルストリガー。左右トリガー内にはモーターが内蔵されていて、Forzaなどではブレーキング時のABSなどの効き具合などが振動で体感出来ます。これがあるとないでは大きな差があります。

          

ですので、XboxOneコントローラーで既に採用されているから、PS5のアダプティブトリガーはあまり新鮮味はないのではないか?と思うかもしれませんが、PS5のアダプティブトリガーは7年も後発な事もあり、より細かく広い範囲で振動し、且つ強力で緻密な振動制御が可能になっていると思うので、XboxOneのインパルストリガーの強化版かもしれません。その点でもデュアルセンス・コントローラーはどんな物になるか楽しみです。

デュアルセンスコントローラーPS5とXbox Series Xの両ハードウェアで唯一と言ってもよい大きな違いでもあるので、そういった面でもPS5のデュアルセンスは個人的にも注目しています。🔚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720