【マイクロソフト様様】JPR「Microsoft Flight Simulatorが26億ドルのPCゲーミング・ハードウェア販売を刺激する。」

ゲーマーのハードウェア支出を追跡する世界的なリーダーであるJon Peddie Research(JPR)は、Microsoft Flight Simulator 2020のリリースによる売上への影響を分析しています。これには、PCビルド、プロセッサのアップグレード、ディスプレイのアップグレード、フライトスティックやスロットル、フライトシステムのコントロールユニット、ラダーペダル、シートやフレームなどのシミュレーションピットコンポーネント、VRの売上が含まれています。

JPRは、経済的にアクティブなPCゲーマーとシミュレーションファンの3つのレベルを分析しました。エントリーレベル、ミッドレンジ、ハイエンドの3つのレベルを分析しました。経済的にアクティブなPCゲーマーとは、世界のPCゲーム人口の中で、コンポーネントやアクセサリーの再構築、購入、アップグレードを頻繁に行っている人たちのことです。彼らが費やす金額は異なり、フライトシミュレーターのファンである確率はレベルによって異なります。レベルが高くなればなるほど、割合としてはフライトシムファンが多く、消費額も多くなります。

JPRは、今後3年間で「フライトシミュレータ2020」が227万本販売されると仮定した場合、その間にゲーム体験の向上を目的としたハードウェアに26億ドルが費やされると試算しています。タイトルの完全な販売サイクルには、それ以上の金額が費やされることになるでしょう。

ゲーム業界のシニアアナリストであるテッド・ポラック氏は、「フライトシミュレータは処理能力に非常に厳しく、高解像度、大型ディスプレイ、VRの使用にも対応しています。新しいフライトシミュレータがリリースされても、それらを最大の設定とパフォーマンスで実行するためのハードウェアはまだ存在していません。これは、ファンが最高の体験を追い求めているため、タイトルの存続期間中、常にハードウェアを要求する状況を生み出しています。フライトシムファンの中には、フライトシムしかプレイしない人もかなりの数にのぼります。このゲームのために特別にお金を使うのか、部分的にお金を使うのかを計算する際には、この点を考慮に入れました。”

JPR社長ジョン・ペディ氏 は、「Microsoft Flight Sim 2020リリースの恩恵を受けるのは、フライトシミュレータがCPUに求める需要のため、IntelとAMDになるだろう」と述べた。フレームレートは、すべての物理計算が解決されて初めて描画され、シミュレーションでは通常のゲームよりもCPUによる物理的・環境的な解決が必要となる。シミュレーションゲーマーは、CPUが簡単にアップグレードできないことを知っているので、最高のものにお金を払っています。Nvidia、AMD、IntelのGPU製品も、高解像度での処理が必要となるため、恩恵を受けることができます。Dell、HP、Lenovo、およびその他のゲーミングPCメーカーも、本作のリリースで大幅な売上増を見込んでいます。HPやその他のVRヘッドセットメーカーも、サポート製品を提供しています。もちろん、トップPCコンポーネントやアクセサリーメーカーもこのリリースで利益を得るでしょう。

via Jon Peddie Research


ジョン・ペディについて
ジョン・ペディ博士は、グラフィックとマルチメディアの分野で30年以上活躍しています。JPRのシニアゲーミングアナリストであるテッド・ポラックは、22年間ビデオゲーム技術市場を追い続けてきました。 Jon Peddie Researchは、技術志向のマルチメディアおよびグラフィックスの調査・コンサルティング会社です。カリフォルニア州ティブロンに拠点を置き、グラフィックス開発、プロフェッショナルアプリケーション用マルチメディア、コンシューマエレクトロニクス、ハイエンドコンピューティング、ゲーム/シミュレーション、インターネットアクセス製品開発など、様々な分野のテクノロジー企業にコンサルティング、リサーチ、その他の専門的なサービスを提供しています。

       


      

マイクロソフトフライトシミュレーターによる波及効果、凄いんですね。正直、ここまで刺激する予想が出ている事に驚きです。フライトシムマニアはガチ勢が多いというのは知っていましたが、本当に凄いんだなと。nVIDIAも来週に新型グラフィックスカードを発表しますし、AMDも発表予定、そして次世代ゲーム機も発売と、nVIDIAの革ジャンCEOジェンさんの言うとおり、今年の後半のゲーミング業界は凄いことになると予言していましたが、その通りになるかもしれません🔚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720