【噂】NVIDIA GeForce RTX 30 ‘Ampere’グラフィックスカードGDDR6X搭載、RTX 3090 24GB、RTX 3080 20GB、RTX 3070 16GB、Turing比レイトレーシング& DLSSパフォーマンスが倍増。

NVIDIAの究極のゲーミングラインアップであるGeForce RTX 30シリーズが来月発表され、GeForce RTX 3090やGeForce RTX 3080などの新しいグラフィックスカードで性能と全体的な機能セットが大きく世代を超えて跳ね上がることを示唆する新情報が出ています。

私たちはNVIDIA GeForce RTX 30シリーズのグラフィックスカードの周りに多くのリークや噂を見てきましたが、この最新のものは、さまざまなリークからのものと一緒に、NVIDIAがそのAmpereゲーミングアーキテクチャでそれをノックアウトしたことを明らかにしています。それは私たちが見てきたPascal以来、最大の世代の利益を提供することが期待されています。

リーク(Baidu via @Avery78)は、仕様、性能、新しいグラフィックカードの価格など、話すことがたくさんあります。また、これはあくまで噂ですが、先日リークしたKopite7kimi & KittyCorgiのようないくつかの他のリーク情報が同様の詳細を報告していることを考慮すると、今回の新しい噂は間違いなく点と点が繋がります。

NVIDIA GeForce RTX 3090のスペック&RTX 30 SMデザイン倍増のTensor & RTコア。

NVIDIA GeForce RTX 3090グラフィックスカードは、Ampere GA102 GPUを搭載すると予想されている。このGPUは、ゲーム市場向けに特別に設計され、調整されており、HPCセグメントをターゲットにしたGA100 GPUとの類似性はほとんどないでしょう。以前の噂によると、GeForce RTX 3090は、GA102-300 GPU SKUを使用するとのことで、これはGA102 GPUのフルバージョンをわずかにカットダウンしたものです。

フルバリアントは、次世代のTitanグラフィックスカードに採用される可能性が高いとされています。コア数で言えば、NVIDIA GeForce RTX 3090は82SM、つまり5248コアを搭載すると噂されています。

正確なコア数とSM数は確認されていませんが、最近の噂によると、AmpereはFP32ユニットを2倍にすることで、レイトレーシング性能を向上させるなど、SMデザインに大きな変更を加える予定であることが強調されていますが、FP32ユニットはコア数を示すものではありません。これは、NVIDIAがALUに大規模な変更を加え、FP32の2倍のスループットを提供する、より広く高密度なチップデザインを可能にしたことを示唆しています。

噂では、FP32のスペックに加えて、NVIDIAがFP32の性能を直接2倍にしたテンサーコア、レイトレーシングコア、レイトレーシング性能、さらには新グラフィックカードのDLSS性能も2倍にしたことが強調されています。

リークはDLSS 2.0を指摘していますが、これは第2世代DLSSがAmpereでメインテンサーコアをアルゴリズムで加速を進めることを意味しています。

https://twitter.com/_rogame/status/1294312499156787202?s=21

Rogameはまた、1410 MHzのベースクロックと1740 MHzのブーストクロックを備えていると思われる、GeForce RTX 3090のクロック速度に焦点を当てています。ベースクロックは「RTX 2080 Ti Founders Edition」より60MHz高く、ブーストクロックは「RTX 2080 Ti Founders Edition」より105MHz高い。

浮動小数点性能に関しては、GeForce RTX 3090は24 TFLOPs以上のFP32コンピュート馬力を提供すると言われており、13.5 TFLOPsのコンピュートパワーを持つRTX 2080 Tiよりも約75%速い事になります。

この大ジャンプは、主にFP32ユニットが倍増したことによるもので、これはAmpereラインアップの高いレイトレーシング性能を助けるものであり、必ずしもカードの一般的なラスタライズやシェーディング性能を指摘するものではありません。

NVIDIA GeForce RTX 30 ‘Ampere’シリーズのメモリスペック

Micronは次世代のNVIDIAのラインナップでGDDR6Xが実際に起こっていることを確認しました。主なSKUは以下の通り。

  • NVIDIA Titan – 48 GB GDDR6X
  • NVIDIA GeForce RTX 3090 – 24 GB GDDR6X
  • NVIDIA GeForce RTX 3080 – 20 GB GDDR6X
  • NVIDIA GeForce RTX 3070 – 16 GB GDDR6X
  • NVIDIA GeForce RTX 3060 – 12 GB GDDR6X

GeForce RTX 30シリーズ内のすべてのグラフィックスセグメントは、メモリの大規模なアップグレードを受けています。

NVIDIA GeForce RTX 3090は384ビットバスで24GBのVRAMGeForce RTX 3080は320ビットバスで20GBのVRAMGeForce RTX 3070は256ビットバスで16GBのVRAMGeForce RTX 3060は192ビットバスのインターフェイスで12GBのVRAMを搭載します。

NVIDIA GeForce RTX 3080 Tiは再び言及されていませんが、リーカーはカードが最初のラインナップで計画されていないのは、後から来る可能性があるので、RTX 3080とRTX 3090の間の22 GBのバリアントを取得することができるように352ビットバスインターフェイスを持つことがあるかもしれません。

メモリが動作する正確なクロックはわかりませんが、Micronのブログ記事によると、GDDR6Xは19Gbpsから21Gbpsの間で動作することが確認されています。異なるDRAMピン速度に基づいて、それぞれのカードの全体的な帯域幅を示したチャートがあります。

VRAMを2倍にして、既存のGeForce RTX 20シリーズのグラフィックスカードよりも帯域幅をほぼ2倍にしています。 Chart Image: wccftech

NVIDIA GeForce RTX 30 ‘Ampere’シリーズのパフォーマンスの詳細。巨大なジャンプだが、新しいベンチマークが必要。

Baidu Forumsに掲載された噂では、カードのパフォーマンスメトリクスも指摘されています。ここでは、GeForce RTX 3090は標準負荷で1900MHzで動作し、3DMark Time Spy Extremeで負荷をかけると2.0GHz前後でヒットするという。それは、カスタムバリアントは、既存のRTX 20シリーズのハイエンドカードが達する2100 MHz周辺のクロックになると述べられています。

グラフィックス性能では、RTX 3090のスコアは、既存のドライバを使用して約10,000ポイントですが、新しいリビジョンは、最大11,000〜11,500ポイントのスコアをヒットするために性能を向上させるでしょう。これは、オーバークロックされたRTX 2080 Tiグラフィックスカードのパフォーマンスの50〜60%の増加を指します。

GeForce RTX 3070はオーバークロックされたRTX 2080 Tiよりも高速で、グラフィックススコアは7000~7500点前後となっていますが、GeForce RTX 3080は9000点前後のスコアとなっています。

一つ指摘すべきことは、最近のリーカーは、Time Spy Extremeが新しい「Ampere」のラインナップの性能をフルに発揮していないことを認めているので、次世代のハイエンドグラフィックカードのために新しいグラフィックベンチマークのセットを開発する必要があるということです。

3DMark Time Spy Extremeの「噂の」性能数値。

NVIDIA GeForce RTX 3090 Founders Edition – 10,000
NVIDIA GeForce RTX 3080 Founders Edition – 9,000
NVIDIA GeForce RTX 3070 Founders Edition – 7,300
NVIDIA GeForce RTX 3090カスタム – 11,500
NVIDIA GeForce RTX 3080カスタム – 9,700
NVIDIA GeForce RTX 3070カスタム – 7,800

NVIDIA GeForce RTX 3090「Ampere 」フラッグシップPCB設計&消費電力。

また、PCB設計も今日リークされ、GeForce RTX 3090グラフィックスカードのカスタムソリューションとはいえ、素晴らしいディテールを見ることができます。GeForce RTX 3090 カスタムカードは、PCB 上のすべてのコンポーネントに電源を供給する 3 つの 8 ピンコネクタから電源を供給します。

これは、少なくともカスタムカードには、少し前に報告されていた噂の12ピン電源コネクタが搭載されないことを確認するもので、ファウンダーズエディション(FE)のみのデザインである可能性があります。(これもまだ確認されていない。)

また、Founders Editionのデザインは、20以上のパワーチョークが搭載されると予想されており、フラグシップではないRTX 20シリーズカードよりもプレミアムなデザインとなっています。

疑惑のNVIDIA GeForce RTX 3090グラフィックスカードのPCBの写真。(画像は@326powahによって再構築されています。)

カード自体を見ると、裏面には少なくとも12個のメモリモジュールがあり、これは両面メモリを示しているようです。過去の前例からも、両面メモリチップを搭載したカードは、左右のダイの量が同じになるので、カード上のメモリモジュールが24個あることになります。

もう2つの興味深いディテールは、既存のRTX 20シリーズカードで見た標準的なNVLINKデザインではなく、新しいバージョンのインターコネクトです。

また、GPU自体の真下にあると思われるセカンダリチップもあります。リーカーは、チップの上にIntel CPUを置いて、それが露出しないようにカバーしていますが、NVIDIAは、まだ詳細が明らかにされていないGPUダイ自体の一部ではないセカンダリチップを提供する可能性があるように見えます。

NVIDIA GeForce RTX 30シリーズグラフィックスカードに期待できる他の機能は、完全にPCIe Gen4に準拠したデザインとPCB上のコンポーネントへの電力供給が強化されていることです。

NVIDIAのGeForce RTX 3090 PCBを裏面から見ると、12個のGDDR6X DRAMダイが、両面メモリレイアウトの24GB GDDR6Xメモリ容量である事を示唆しています。(Image:VIdeocardz)

消費電力に関しては、GeForce RTX 3090が350ワットを超えるべきであるのに対し、GeForce RTX 3080は約300Wの総消費電力を特徴としていると言及されています。これは、これまでに見たどの世代よりも電力の数値が高くなりますが、同時に性能は理想的には入力電力と比例、一致するためTuring世代と同等かそれ以上の効率の数値になると思われます。

GA104 GPUを搭載するGeForce RTX 3070の消費電力は約200Wと示唆されており、実際にはRTX 2080(Non SUPERで215W)よりも低くなるでしょう。もし本当ならば、「Ampere」は間違いなくRTX 3070が、オーバークロックされたRTX 2080 Ti (275W)よりも高いパフォーマンスを提供するように効率性を向上させながら、はるかに少ない電力になります。

NVIDIA GeForce RTX 3090「Ampereフラッグシップ」冷却

また、NVIDIAはこれまでで最高のFounders Editionの冷却設計を開発したとソースが報じています。Founders Editionの冷却には、両面アキシャル・テックベースのファンを搭載したフルアルミ合金製ヒートシンクを採用しています。クーラーヒートシンクにはナノカーボンコーティングが施されており、温度をコントロールするのにとても良い仕事をします。

ファウンダーズエディションのカードは、デフォルトBIOSではあまり高くブーストするように設定されていませんが、純正のままでは最大のポテンシャルを発揮しないので、ユーザーは手動でチューニングすることで、本当に素晴らしいオーバークロックを得ることができます。以前のシュラウドのリークではヒートシンクは、少なくとも4つの巨大なヒートパイプが4つのヒートシンクを貫通していることを示しています。

フィンとヒートパイプのデザインを全面的に採用しているだけでなく、GeForce GTX 780のNVTTMを搭載した初代Founders Editionの発売以来、初のデザインであるという意味でも興味深いデザインですが、前面と底面に2つのユニークなファンを配置しています。このプッシュ&プルファンの構成は、まだグラフィックカードのフィールドでテストされていませんが、間違いなく1つのユニークな実装です。

NVIDIA GeForce RTX 3090「Ampereフラッグシップ」の価格設定

噂によると、すべてのGeForce RTX 30シリーズのグラフィックスカードは、Turingベースよりも20%高くなるようです。このことから、GeForce RTX 3090は1400USドル、GeForce RTX 3080は800USドルに近い価格になることが示唆されています。GeForce RTX 3070は、約500USドルの可能性もあります。これはより高いメモリ容量で、7〜800ドルのRTX 2080 Ti よりも優れたパフォーマンスを提供します。

GA106 GPUをベースにしたGeForce RTX 3060は、グラフィックスソリューションとしてのコストパフォーマンスを高めながら、約9.0TFLOPSの馬力を持つRDNA 2アーキテクチャを利用するソニーのPS5に対して高い競争力を持つと主張しています。

競争相手であるAMDのBig Navi(RDNA 2 / Navi 21) GPUは、GeForce RTX 3070と競合する可能性があり、それも性能ではなく価格の面で競合する可能性があるという話もあります。これは間違いなく憶測の領域ですが、PCB画像を投稿したリーカーは、NVIDIA AmpereとAMDのRDNA 2の間のGPU競争に関しても同様の詳細を述べています。

NVIDIA GeForce RTX 30 “Ampere “グラフィックスカード ローンチスペック【噂】/ Chart Image : wccftech
         
      

NVIDIAのGeForce RTX 30「Ampere」ゲーミンググラフィックスカードのラインナップは、9月1日にNVIDIAのCEOであるJensen Huang氏が主催するデジタルイベントで発表される見込みです。

少なくとも、GeForce RTX 3080 Ti(またはRTX 3090)、GeForce RTX 3080、次世代のTitanを含む、イベント期間中の3つの新しいグラフィックカードを期待しています。Ampere GPUについては、まだまだ話すことがたくさんありますが、より多くの情報が来るまで待たなければなりません。

via wccftech


RTX3090のGDDR6X 24GB(帯域1024GB/s!)、8×3の24ピン、350W。。これが本当なら正にモンスターに相応しいカードなりそうです。

特にTensorコア、RTコアで倍のパフォーマンスになっているのは嬉しい。これならRTの品質を引き上げても2080Tiより間違いなく軽くなるので、これにDLSS2.0の倍増パフォーマンスを合わせたら別世界が見れそうで、本当に楽しみです。問題は価格ですね。。RTX3090は日本では間違いなく20万円オーバーなので、買うなら米から買いたくなります。

EVGA 2080Ti Hybrid Gaming XC

悩ましいのは、現在私の2080TiはEVGAの簡易水冷モデル(Hybrid Gaming XC)なので、クロックが2000MHz超えて動いていてもGPU温度は55度行かないという簡易水冷の快適さを知ってしまったことで、空冷のモデルを買うか迷います。簡易水冷モデルを待つとなると、カスタムモデルは数ヶ月は先になりそうですし、商品確保も大変と色々と悩む事になりそうです。。🔚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720