マイクロソフト、「Xbox 20/20」のブランディングを密かに取り止めていた。

マイクロソフトが5月に華々しく発表した「Xbox 20/20」のブランディングを、一度だけ使用した後に捨てています。

この言葉は、5月にサードパーティのゲームショウケースから始まった、毎月1回のXboxシリーズXのマーケティング「モーメント」のためのマイクロソフトの計画の一環として作られたものでした。しかし、その後、Xbox 20/20は一度も使われることはありませんでした。

6月には、Eurogamerは同社はもともとはまだラップに包まれていたXboxシリーズSを明らかにする予定だったが、マイクロソフトは、その “機会”を逃すだろうと報告しました。

7月のマイクロソフトのファーストパーティショーケースでは、Halo Infiniteのゲームプレイが公開され、次のForza、Fable、ObsidianのAvowedなどが次々と発表されましたが、ここでもXbox 20/20についての言及はありませんでした。

Eurogamerによると、8月にはXbox Series Sがついに発表されるようですが、Xbox 20/20のブランド名が付くことはないでしょう。

ResetEraに見られたように、Microsoftは今、Xbox 20/20を発表した旧5月のブログ記事を静かに更新して、名前が使われなくなることを伝えています。

以下、5月2日付Xbox Wire記事の8月7日付更新部分の日本語訳です。

『Xboxは、以下のように大規模な1年を迎えます。今年のプログラムを見直した結果、「Xbox 20/20」という表現は、月に一度の専用番組で情報を発表することを暗示していたため、やめました。

XboxシリーズX、Halo: Infiniteのような新作ゲーム、Xbox Game Passを利用したクラウドゲーミングなど、お伝えしたいことはたくさんあります。そのニュースを様々な方法でお届けしていきます。それは、専用の番組であったり、YouTubeの動画であったり、他の人と提携していたり、Xbox Wireで最新の情報を共有したりすることもあります。私たちは、皆さんとのつながり方に柔軟に対応していきたいと思っています。』

マイクロソフトが計画された毎月のスケジュールに固執し、より定期的なアップデートを提供できなかったのは残念ですが、2020年に計画が変更されるのは驚くべきことではありません。いくつかの次世代コンソールの発表からちょうど3ヶ月が経とうとしていますが、そのうちのどれかがいつ発売されるのか、どれがどれくらいの値段になるのか、まだ発表されていません。

via Eurogamer


いつの間にか、ひっそりとXbox20/20のブランディングが終了、取り止めとなっていたようです。5月に毎月20日にビッグニュースを発信していくと華々しくアナウンスされていて、当ブログの日本語訳記事でも紹介しましたが、知らぬ間にXBOX20/20というワードは見られなくなり、結局は無かったことになっていたようです。

先日もHalo Infiniteのゲームプレイグラフィックでの騒動といい、どうもマイクロソフトはこの手の見せ方がソニーとは違って上手くいっていないようです。その点でソニーのマーケティングは非常に上手くいっているのは確かで、ソニーの方が1枚も2枚も上手だなと感じます。

ここ数ヶ月の流れを見ていると、昨年末のゲームアワード授賞式でのXboxSeriesX、Hellblade2のサプライズ披露、デジタルファウンドリーなどに先行でXbox Series Xのその強力なハードウェアパーツの魅力を事細かに披露したまでは、ソニーを圧倒し素晴らしい展開でしたが、どうも夏くらいからマイクロソフトのマーケティングが空振りしているような気がします。

マイクロソフトもソニーを見習って優秀なマーケティング人材を加えるか、プランを見直した方がいいかもしれません。とは言え、Xbox Series Xに期待している事には変わりなく、インパクトありそうなHellblade2のプレイ映像も見せるべき(UE5での開発なので見せる段階まで出来ていないのかもしれませんが)だと思います。🔚

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720