Remedy 「CONTROL」の第二弾DLC「AWE」でAlanWakeのその後が描かれる模様。開発中の新作は関連するテーマになると明かす。

                       

Remedyの「CONTROL」のDLC第二弾「AWE」のトレイラーが公開され、8月27日にリリースされる事も発表されました。

CONTROLのDLC第二弾のAWEでAlanWakeのその後がどうなっているのか、どのような繋がりがあるのかなど、以前当ブログ記事の「AlanWake10周年記念サム・レイク氏インタビュー」でも触れられていましたが、そのとおりになるようです。

「CONTROL」のゲーム内で、Remedyゲームではお馴染みのTVなどのビデオで、度々しゃべっている科学者キャスパー・ダーリング博士は、AlanWakeで英語版のボイスを担当したマシュー・ポレッタ氏「QuantumBreak」でベス・ワイルダーを演じたコートニーホープが「CONTROL」で主役のジェシーフェイデンを演じていますし、何かと出演者もリンクする部分もあるわけです。

AWEのトレイラーの最後でも一瞬ですが、AlanWakeを演じたIlkka Villi氏が登場しているので、AWEで久々にAlanWakeが登場しそうでワクワクします。

「AWE」トレイラーの最後で一瞬登場したAlan Wakeさん(Ilkka Villi
                 

Quantum Breakのゲーム内でも各所に「AWE」の落書きが壁に描かれていたので、サム・レイク氏はこの頃から別作品でRemedy作品のユニバースをリンクさせる構想を描いていたのかもしれません。

Quantum Breakでは各所にAWEの落書きがありました。
               

今回のAWEのリリース・アナウンスに際し、Remedyのクリエイティブ・ディレクターのサム・レイク氏がRemedyのホームページで、AWEとAlan Wakeのリンク、そして今後の新作でこれらの作品のユニバースとリンクする新作を開発中と明かしています。

Remedyクリエイティブ・ディレクター/サム・レイク氏
     

AWE:レメディーコネクトユニバース初のクロスオーバーイベントを開催します。私たちが、イースターエッグをゲームに入れるのが好きなのはご存知の通りです。でもその中にイースターエッグ以上のものがあったら?

もし…全てが繋がっていたら?

今頃になって、あなたはAWEのトレーラーを見たかもしれません。私たちは、10年以上も前からクレイジーな構想を持っていました。いくつかのゲームで語られている物語がお互いにつながり、キャラクターや伝承が共有された物語やイベントが、つながりのある世界になるというアイデアです。

それぞれのゲームは完全に独立したものですが、それぞれのゲームはクロスオーバーイベントのエキサイティングな機会を持つ、より大きなユニバースへの入り口でもあります。

ゆっくりと、辛抱強く、舞台裏では、これを現実のものにするためのプランを練ってきました。今、具体的な最初の一歩を踏み出す時が来たことをお伝えできて、とてもワクワクしています。

この発言ができることがどれほど嬉しいことか、あなたには想像もつかないでしょう。

2010年にアランウェイクで起きたことは、連邦管理局が調査してきた事件の一つです。AWEの拡張は、レメディ・コネクテッド・ユニバース初の公式クロスオーバーイベントであり、より多くのアラン・ウェイクの伝承をコントロールにもたらします。

そして、これはまだ地味な始まりに過ぎません。私たちはすでに、同じユニバースを舞台にした将来のレメディゲームの開発に取り組んでいます。

AWE拡張をお楽しみください。

乾杯

レメディ:クリエイティブディレクター、サム・レイク。

             


                

今後、Remedy作品で描かれたキャラクターや世界観が他の作品でも何らかの繋がりが描かれ、共有されるようです。開発中という新作がそうなる事をサム氏は仄めかしているので、非常に楽しみです。

合わせて8月13日にTwitchのRemedyGamesでAWEの15分間のゲームプレイも公開される事をアナウンスしています。

しかし、RemedyはAlanWakeの権利をマイクロソフトから譲渡されて以降、マイクロソフトとの仕事はないようで寂しいですね。Remedyの作風はマイクロソフトより、ソニーの方が好みそうですね。

個人的にはQuantumBreakの続編(実写なしで)、AlanWakeの続編など作って欲しいですが、とりあえずはこの「AWE」に期待したいところです。🔚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720