【XboxWire日本語訳】ドラゴンクエストXI Sについて知っておくべきすべてのこと

Xbox Games Showcaseでご覧になった方も多いと思いますが、『ドラゴンクエストXI S: Echoes of an Elusive Age – Definitive Edition』がXbox Oneファミリー向けに12月4日に発売されます。さらに、同日にXbox Game Pass ConsoleとPCにも配信されます!

ここ数年で最も高い評価を得ているRPGの1つの強化・拡張版であるだけでなく、ドラゴンクエストシリーズがマイクロソフトのプラットフォームに登場するのは初めてのことです。つまり、初めてドラゴンクエストシリーズをプレイする人の中には、「何がすごいんだろう…」と思っている人もいるかもしれません。

ドラゴンクエストXI S: Echoes of an Elusive Age – Definitive Edition』の詳細を掘り下げる前に、シリーズの概要といくつかの基本的な質問にお答えします。

ドラゴンクエストとは?

ドラゴンクエストは、歴史上最も有名なゲームシリーズの一つであるだけでなく、最も長い歴史を持つシリーズの一つでもあります。

日本では1986年に第一作目(ドラゴンクエスト)が発売されましたが、ゲームデザイナーの堀井雄二氏(シリーズの生みの親)、キャラクターデザイナーの鳥山明氏(ドラゴンボールの生みの親)、作曲家のすぎやまこういち氏(日本の人気音楽としても知られています)など、ゲームを支えた中心人物は現在もシリーズに関わっています。

すぎやまこういち氏のサウンドトラックには、当時としては珍しいオーケストラ音楽が採用され、ゲームのファンタジー感を高めています。彼らの仕事と、中村光一氏のプログラミングとディレクションのおかげで、ゲームはプレイする人の想像力を掻き立てられた。日本国内では、好評を博し、販売本数も大幅に増加しました。

人気を博しただけでなく、大きな影響力を持っていました。ドラゴンクエストは、JRPGをプレイしたことがある人なら誰もがシリーズの影響を感じたことがあるであろう、全く新しいジャンルを生み出したと言っても過言ではありません。

ドラゴンクエストは1989年にアメリカでデビューしました。しかし、それは別の(まだ同じようにドラコニックな)名前、ドラゴンウォリアーによってリリースされました。

シリーズは2005年、そして『ドラゴンクエストVIII:呪われた王の旅』がリリースされるまで、アメリカではそのタイトルのままであり、それ以来、西洋全土でドラゴンクエストとなっています。

1作目の発売から34年の間に、シリーズ11作のメインタイトルをはじめ、多くのスピンオフ作品を含む多くのドラゴンクエストタイトルが発売されてきました。

世界中で人気があり、特に日本では文化的な現象となっています。

そしてこのたび、Xboxユーザーの皆様に、『ドラゴンクエストXI』でシリーズを体験していただくことができました。

ドラゴンクエストXI S:Echoes of an Elusive Age – Definitive Editionとは?

それでは、『ドラゴンクエストXI S: Echoes of an Elusive Age – Definitive Edition』についてお話ししましょう。これは、ルミナリエとして知られる若いヒーローの靴の中にあなたを入れる広大で叙事詩的な(そして私たちを信頼してください – これは正確に正しい表現です)冒険です。

強大な敵に追われているあなたと仲間たちは、広大な大陸と危険な大海原を旅することになります。テンポの速いターン制バトルで恐るべき敵と戦い、貴重な装備を集めて加工し、世界そのものを破壊する脅威の存在を知ることになります。

ドラゴンクエストXI S: Echoes of an Elusive Age – Definitive Editionの新機能は?

すでに本当に素晴らしいゲームでありましたが、「Definitive Edition」では、追加のストーリーコンテンツや完全にオーケストレーションされたサウンドトラックなどの機能が強化され、より良いものになっています。

追加された機能の一部を紹介しましょう。

仲間のための新しいサイドストーリー – ドラゴンクエストXIには、どのRPGよりも魅力的なキャラクターがいます。今回のゲーム版には、オリジナルリリースにはなかった新しいサイドストーリーや冒険が含まれているので、これまで以上に彼らと仲良くなることができます。

2Dモード – 美しく詳細な3Dグラフィックのどちらでもゲームをプレイすることができますが、シリーズのルーツに敬意を表したい場合は、レトロな2Dで冒険全体をプレイすることもできます。冒険の途中でスタイルを切り替えることもできます。

16 ビットのワールド・オブ・ティッキントン – これまでのドラゴンクエストのワールドを訪れることができます。

日本語音声 – 追加コンテンツを含むゲーム全体を、新しい日本語音声トラックでプレイできるようになりました。

フォトモード – スクリーンショットからわかるように、ドラゴンクエストXIは本当にきれいなゲームです。今、あなたは包括的なフォトモードであなたの冒険を不滅にすることができます。キャラクターをアレンジしたり、ポーズを決めたり、角度を変えたり、もっと多くのことができます。

最後に、シリーズを初めてご覧になる方からよく聞かれる質問をご紹介します。

これをプレイするには他のドラゴンクエストのゲームをプレイしたことが必要ですか?

「ノー」です。

ここに長い、より有用な答えがあります。ドラゴンクエストシリーズのほぼすべてのエントリーは、ファイナルファンタジーシリーズに似たスタンドアローンのアドベンチャーです。それぞれが独自のキャラクター、設定、ストーリーを持っており、前作の知識を必要とせずに楽しむことができます。ドラゴンクエストXIも同様です。

もちろん、イースターエッグやシリーズの他のゲームへの呼び戻しは確かにありますが、それらは、長年のファンがアゴを撫でて微笑むようなものであり、プロットに何か重大な影響を与えるというよりは、むしろ、知っていて微笑んでしまうようなものです。

なので、初めてでも安心して飛び込んでください。特に初めての方は、シリーズ全体の中でも最高の作品の一つですから!

『ドラゴンクエストXI S: Echoes of an Elusive Age – Definitive Edition』がXbox OneとPC向けに発売される12月4日には、ご自身の目で確かめてみてください。今すぐ予約するか、今年の後半に発売されるXbox Game Passでプレイしましょう!

via Xbox Wire

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720