【スマートデリバリー】「次世代ゲームのアップグレードは無料であるべきだ。」とMicrosoft Xboxが開発者に伝えている模様。

パブリッシャーの情報筋がXboxシリーズXのゲームを販売するための多様な選択肢を明らかにした。

Microsoft Xboxは、無料のスマートデリバリーシステムの一環として、現行機種(Xbox One)のゲームをXboxシリーズX版にDLCとしてアップグレードするためにプレイヤーに課金することはできないと開発者に伝えています。

これは、マイクロソフトの次世代機政策に詳しい出版関係者によると、クロスジェネレーションゲームに取り組む企業は、スマートデリバリーやEAのDual Entitlementのような独自のスキームを利用して、現行版と次世代版の両方を追加費用なしで提供するよう奨励されているとのことです。

しかし、スマートデリバリーをサポートしないことを選択した開発者やパブリッシャーは、現行のゲームの所有者に対して、Microsoft Storeでの第2世代の次世代バージョンのゲームの購入を割引で提供することができます。理論的には、サードパーティのパブリッシャーは、小売店のプロモーションなど、独自のスキームでゲームのアップグレードに料金を請求することもできます。

これまでのところ、FIFA 21、Cyberpunk 2077、Destiny 2、Assassin’s Creed Valhallaなど、次世代機へのアップグレードを提供すると公言されているゲームはすべて無料で提供されています。

しかし、マイクロソフトはパブリッシャーや開発者に、Xbox OneとXbox Series Xでゲームを販売する方法について多くの選択肢を与えたいと考えていることが理解されています。

スマートデリバリーをサポートしていないXboxの開発者は、ディスクまたはデジタル形式で、2つのゲーム(Xbox OneとXbox Series Xのバージョン)が含まれた2つのゲームの「クロスジェネレーションバンドル」を販売するオプションがあります。

これは2KがNBA 2K21で採用することを決定した方法で、次世代機へのジャンプを探している現行世代の所有者には、Xbox OneとXbox Series X、またはPS4とPS5の両方のバージョンを含む$99.99/£84.99のバンドルを販売する予定です。

VGCに送られた声明の中で、マイクロソフトの広報担当者は、「開発者とパブリッシャーは、最終的にどのようにゲームを配信するかを決定しており、我々は彼らのニーズに基づいて可能な限り最高の体験を提供するために彼らと協力しています。」と述べています。

Xboxのスマートデリバリーの取り組みでは、サポートされているクロスジェネレーションのゲームをXbox OneまたはXbox Series Xのいずれかで一度だけ購入すると、追加費用なしで他の世代のバージョンをアンロックすることができます。

これにより、プレイヤーはこの年末にXbox One用のHalo Infiniteを購入し、後日XboxシリーズXのコンソールを購入することにした場合、完全に最適化されたバージョンのInfiniteが追加費用なしでアンロックされることになります。

これは、Xbox シリーズ Xの後方互換とは別のもので、次世代コンソールでは、いくつかのパフォーマンスの利点を持つXbox One のゲームを実行することができますが、レイトレーシングなどの機能を含む次世代ハードウェアのために特別に構築されたバージョンと同じ体験は提供出来ません。

ファーストパーティのXbox Game Studiosタイトルは、すべてSmart Deliveryをサポートしますが、サードパーティはサポートするかどうかを選択することができます。

VGCによると、Smart Deliveryに対応していないクロスジェネレーションのゲームは、Xboxエコシステム内では別々に扱われ、マルチプレイヤーなどの特定のXbox Live要素のみが世代間バージョンを統一するとのことです。

例えば、Smart Deliveryシステムを採用しない、NBA 2K21は世代をまたいで特定のセーブデータを共有出来ません。

それに比べて、スマートデリバリーのゲームは、1つのSKUを共有し、セーブデータや実績などのXbox Liveのすべての要素が、どの世代のゲームディスクが挿入されているかに関係なく、各ゲーム機で正しいバージョンを起動します。

VGCは、クロスジェネレーションゲームのSKUの仕組み上、Xbox OneとSeries Xでのリリース時にSmart Deliveryをサポートしていないゲームは、後日サポートを追加することができないと言われています。これには、スマートデリバリーに対応しているが、発売時期がずれるゲームは含まれていません。例えば『Cyberpunk 2077』はXbox Oneで先に発売され、その後2021年にSeries Xで発売される予定です。

プレイステーションは独自のスマートデリバリースタイルを推進しておらず、次世代機のアップグレードは開発者に委ねていると報じられていますが、これまでのところPS5のゲームはXboxの無料アップグレードポリシーと一致しています。

『グランド・セフト・オート・オンライン』は2021年に発売されると、PS5で短期間無料で利用できるようになり、その後はゲーム単体での販売が予定されています。また、マーベルの『アベンジャーズ』や『サイバーパンク2077』、『FIFA 21』もPS4からPS5への無料アップグレードが可能になるとのことです。

マイクロソフトの広報担当者はVGCに対し、

Xboxでは、プレイヤーがすべての中心にいます。だからこそ、『Halo Infinite』を含むXbox Game Studiosの独占タイトルをスマートデリバリーでサポートし、どのゲーム機でプレイするにしても最高のバージョンを提供することをお約束します。Smart Deliveryを導入するかどうかは個々の開発者の判断に委ねられており、先にXbox Oneでリリースされ、後にXbox Series Xに登場するタイトルに利用するかどうかを選択することができます。

さらに、Xbox Series X とそれに付随する開発ツールを作成する際には、開発者からのフィードバックが最優先されました。つまり、Xbox Series X でゲームを構築するために使用されるツールは、Windows 10 PC、Xbox One、クラウドでゲームを構築するために使用されるツールと同じものです。

これにより、開発者は、特定のデバイスの固有の機能を活用しながら、複数のデバイスにまたがるゲームの配信を可能な限り簡単に行うことができます。そのためにも、デベロッパーの皆様には、スマート デリバリーをはじめとするコンテンツ配信方法に関する一連の機能と機能を Xbox でご利用いただけるようにしています。

しかし、最終的にどのようにゲームを提供するかは開発者やパブリッシャーが決めることであり、私たちは開発者やパブリッシャーと協力して、ニーズに基づいた最高の体験を提供できるように努めています。』

via VGC

マイクロソフトが「スマートデリバリー」という我々ユーザーからすれば、最高の次世代移行をバックアップするシステムを用意してくれたにも関わらず、そのスマートデリバリーシステムを採用せず、独自の方法でしかも現行機と次世代版の両方をバンドルして販売する手法を選択するパブリッシャー(2KのNBA 2K21、FIFA21)もいるというのは、ユーザーからするとなぜ?と疑問に感じますね。。

しかもスマートデリバリーを利用しないと、一部セーブデータ、実績が別扱いになってしまうらしい。なぜこんな事までして別扱いして売りたいという理由が知りたいくらいです。

マイクロソフトもパブリッシャー次第と強要は出来ないようですが、ユーザーが次世代機バージョンへの移行の際にDLCなどで課金することは出来ない。という考えから、スマートデリバリーというシステムを独自に用意した上で、パブリッシャーの判断に任せるとしているのに対し、ソニーはマイクロソフトのスマートデリバリーのようなシステムはなく、シンプルにパプリッシャーの判断に任せるとしています。ソニーの姿勢は、良く言えばビジネス観点からオープンなスタンス、悪く言えばパブリッシャーに丸投げでユーザー目線で考えてくれていないようにも感じます。

現行機のタイトルが次世代機バージョンに移行する際に、追加コストを払ってアップグレードというのは、ユーザーの我々からすると、あまり好ましいものではない事は確かです。🔚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720