Mortal KombatのNether Realm Studioが「次世代ビジュアルを牽引するグラフィックエンジニア」を募集

NetherRealm StudiosがPS5とXboxシリーズX向けに「Mortal Kombat」と「Injustice」の続編を制作中で、次世代ビジュアルを牽引するグラフィックエンジニアを募集していることが明らかになりました。

最近掲載されたシカゴに拠点を置く開発会社の主任ソフトウェアエンジニアの求人情報から明らかになったように、NetherRealmは「PS5とXbox Series Xのための最先端のグラフィック技術」を提供していく予定です。

募集要項の日本語訳は以下のとおり

WB Games Inc.の一部門である NetherRealm は、Mortal Kombat™ と Injustice™ のフランチャイズの次世代コンソールグラフィックスビジョンを推進するために、主なソフトウェアエンジニア(グラフィックス)を募集しています。

プリンシパルグラフィックスエンジニアとして、リードエンジニアや他の仲間と密接に協力して、PS5とXBOXシリーズXのための最先端のグラフィックス技術を開発していただきます。

また、当社の高度に協力的なエンジニアリンググループの一員として、コードベース全体のエンジニアリングシステムの開発において、あなたの経験と専門知識を共有する機会が十分にあります。創造的なプロセスに参加する機会も定期的に設けられています。この仕事は、新機能の実装中にエンジニアリングおよび芸術的なリーダーシップとの緊密なコラボレーションが必要になります。

via wccftech

ワーナー・ブラザースとネザーリアルムスタジオが、今後発売予定のタイトルを次世代機で発売することを計画していることは、驚くことではないかもしれませんが、『モータルコンバット』シリーズと『インジャスティス』シリーズがPS5とXboxシリーズXで発売される可能性が高いという事は頭に入れておいても良いでしょう。しかし、この求人広告の内容を見る限り、もしかすると次期Mortal KombatとInjusticeのゲームは、世代を跨いだクロスジェネレーションではなく、次世代機のみに特化した次世代機専用タイトルになる可能性があるかもしれません。

しかし、Mortal Kombatも Injusticeも日本では未発売で、次世代になってもこの傾向は変わらなさそうです。。ま、Mortal Kombatは残酷表現があまりにも酷いレベル(良い意味で)で、日本で発売出来ないのは仕方ないかもしれませんけどね。。次世代機の能力でMortal Kombatは更にとんでもない方向にエスカレートしそうな予感もするので、尚更に無理なのかもしれません、、🔚

Mortal Kombat公式ホームページ

Injustice2 公式ホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720