【英BBC】XBOX部門ボス、フィル・スペンサー氏インタビュー。

マイクロソフトとソニーの次世代機「XboxシリーズX」と「プレイステーション5」が直面している最大の課題は、最も強力なゲームや発売時に最高のゲームを提供することではなく、「Covid-19」の影響かもしれません。

多くのゲーマーは、今回の危機の影響でゲームを購入するためのより少ない予備の現金を持っているでしょう。そして、パンデミックによって引き起こされたサプライチェーンの問題が、製造の遅れやコストの上昇につながるとの憶測があります。

今週は本来、ロサンゼルスで開催された巨大なE3ゲームエキスポの週であり、発売に向けた盛大な宣伝をするチャンスであると考えられていました。

その代わりに、Xboxは7月にストリーミングイベントで自社のスタジオで開発中のいくつかのファーストパーティーゲームを中心に見ることができます。

Q:新型コロナウィルス危機は発売計画にどのような影響を与えましたか?

早い段階で在宅勤務をしている人への対応を始めていたので、サプライチェーンがどうなるのか、ハードウェアのテストがどうなるのかなど、多くの疑問がありました。

しかし、現在のハードウェアの生産状況を見ると、とても良い感じです。

家にテストキットがあり、みんなでそれを使っているので、すべてが正常に動作していることを確認することができます。また、ゲームを確実に動作させるために構築したソフトウェアプラットフォームも順調に進んでいます。

サプライチェーンに関しては、コンソールのビルドが中断されることはなさそうです。私たちのテストサイクルでは、スピードを上げるために、2週間ほどテストを休んでいました。しかし、その分の多くをスケジュールに吸収することができそうで、秋までの発売には間に合いそうで、とても満足しています。

Q:他に問題はありますか?

大規模な経済の不確実性の時代に突入しているように見えます。私が最も注目しているのはマクロ経済環境でしょう。

人員整理やレイオフの影響を目の当たりにしています。厳しいですよね。

そして、私たちが売ろうとしている物は、本来は余暇に楽しむものです。だから、私たちは発売の際には、その点に注意を払いたいと思っています。

どうすれば手ごろな価格にできるのか?どうすれば購入者に選択肢を与えられるのか?Xboxオールアクセスのサブスクリプションプログラムがあり、月額料金を支払うことで次のゲーム機を購入できるようになっています。

今は新しいゲーム機を買う時期ではなく、今持っているゲーム機に留まるのであれば、私たちはそのゲーム機をサポートし続けます。

そして、スマートデリバリーのような技術によって、ゲームを購入し、次のコンソールを購入するときには、ゲームも一緒に移動することを知ることができ、消費者が自分に合った選択をすることができます。

Q:ゲーマーはゲーム機が発売時に最も高価なものになることを考慮しないのでしょうか?

人々は、ゲームに投資することに真の価値を見出しています。

ゲーム機を買って、いくつかのゲームを買って、それは文字通り何百時間もの娯楽をあなたの家族に提供することができます。

不況だった2008-09年を振り返って、ゲームにどのような影響があったのかを確認してみても、ゲームは順調に推移しています。耐久性がありました。

私たちは、お客様に正しい価値を提供していることを確認したいと考えています。ですので、価格は重要になってきます。

しかし、私たちの戦略はデバイスではなく、プレイヤーを中心に考えています。

家族が新しいXboxを買う決断をしたい年ではないなら、それはそれでよいのです。私たちの戦略は、今年どれだけXboxを売れるかということではありません。

私たちは、月額料金でライブラリを構築できる「Xbox Game Pass」を通じてサービスを提供することに注力しています。

下位互換性とは、彼らが持っているゲーム機で何千ものゲームをプレイできることを意味します。

スマートデリバリーとは、次世代機に移行したときに、ゲームも一緒に移行することを意味します。

Q:過去には、新しいコンソールの発売初週、数ヶ月で何台売れているのかというこだわりがありました。しかし、今回の新型頃ウィルスによる危機を考えると、それは発売の成功を測る最良の方法ではないと思いますか?

多くのプラットフォーム所有者は、デバイスのメトリクスよりもエンゲージメントのメトリクスを重視し始めています。

どれくらいの人数がプレイしているのか?
何をプレイしているのか?
ネットワーク上に何人の友達がいるのか?
何種類のゲームをプレイしているのか?

これは、コンテンツの多様性を見出すという点では素晴らしいことだと思います。ゲームのサイクルは、他のメディアとは少し異なります。

ゲームは非常に耐久性があり、長い時間をかけてプレイされるので、今日起こったことだけではありません。私たちの最大のゲームの1つがMinecraftで、2億人を突破しました。

マインクラフトの使用率では、過去最大の月間数を記録しました。

しかし、ゲームは10年前のものです。他のメディアではあまり見られません。

私たちにとっては、大規模なプレイヤーベースとのエンゲージメントが重要で、彼らに遊びに行ったり、友達を見つけたり、新しいゲームを見つけたりするための素晴らしい場所を提供しています。

Q:世界中の多くの人々がロックダウン中に自己隔離を余儀なくされています。ゲームは彼らの孤立感を和らげ、社会的なつながりを深める上でどのような役割を果たしてきたのでしょうか?

ゲームの良いところは、常に社会的な活動であるということです。

実際、今回のロックダウン期間中、Xbox Liveでは2億7,000万人以上の新しい友人関係が作られました。

つまり、人々は既存の友人とのつながりを維持するだけでなく、一緒にプレイしているうちにオンラインで新しい友人を見つけているのです。

Q:新型コロナウィルス危機の影響で、多くのクリエイティブ業界が閉鎖に追い込まれましたが、でもゲームの仕事は続いているんでしょう?

ええ、ミックスしています。

ゲーム制作のクリエイティブな部分は、 リモートでできる部分もありますが、人と人との距離を縮めなければならない機能があります。

今日のトリプルA級の大作ゲームでは、何百人もの人々が協力してゲームを作ります。俳優のモーションキャプチャーや音楽家が参加するシンフォニックな作品のように、人と人との距離を縮めなければならないものもあります。

しかし、私たちはまだゲームを発売しています。

チームは仕事を続けており、一緒に仕事をする新しい方法を見つけています。

via BBC

コロナウィルスの危機による経済の低迷、そしてアメリカでは人種差別問題によるデモがエスカレートし暴動に発展と、次世代ゲーム機を発売する今年は何もかもが過去に例のない異常事態の中で、ゲームハードとしては、過去最大級に厳しい状況でスタートとなりそうです。

その事からもフィル・スペンサー氏は、最悪厳しい数字になる事も覚悟しているようです。マイクロソフトのXBOXが現在一番注力しているのは、ライバル勢を大きくリードしている、月額課金サービスのゲームパスです。先日、1000万人の契約者数を突破と発表されましたが、現在も好調に伸びているようです。

XboxSeriesXが何月に発売されるか分かりませんが、新型コロナウィルス感染拡大は、日本でこそ緩やかに落ち着いているものの、海外では南米やロシアで深刻な状況になっているようで、日本も予断を許さない事態とも言えます。年末に、秋までには沈静化してくれれば良いですけどね。。

ソニーは明日の6月12日午前5時のオンライン配信で、発売日や価格を発表するか分かりませんが、両社共に今後の発表内容がどうなるのか気になるところです。🔚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720