【互換機能は最強か】マイクロソフト公式XBOX WIREでXbox Series Xに関する互換機能など詳細情報を公開。

マイクロソフトが公式XBOXニュースサイト、XBOX WIREでXboxSeriesXの互換機能の詳細など詳細情報を公開しましたので、日本語に翻訳し全文掲載します。以下どうぞ。

XboxシリーズX。発売時には数千本のゲームが用意された最強の互換性のある次世代コンソール

ゲームは、私たちすべての人に忘れられない痕跡を残します。大好きなヒーローに扮してプレイする壮大なストーリーや世界観から、激しい競争、勝利や敗北の熱気に至るまで、ゲームは私たちの心に深く刻まれていきます。世界的なコミュニティと達成した成果を共有することで、ゲームは私たちを一つにしてくれます。

Halo Infiniteを中心とした15のXbox Game Studiosチームが、Xbox史上最大かつ最高のラインナップの独占タイトルを開発しています。近日中にXboxシリーズX向けに開発中の新作ゲームの数々をお見せできることを大変楽しみにしています。

ゲームのレガシーを守る

ゲーマーである私たちは、ゲームの遺産を保存し、尊重することがいかに重要であるかを知っています。お気に入りのゲームやフランチャイズ、ゲームの進歩や成果、ゲームを通じて築いた友情やコミュニティは、世代を超えて受け継がれていくべきものです。それだけではなく、お気に入りのゲームアクセサリーや周辺機器も一緒に進化していかなければなりません。

私たちの目標は、XboxシリーズXの発売時に、4世代に渡るXboxのゲームのベストバージョンをプレイできるようにすることでした。

これらの原則は、発売初日から私たちにとって重要なものであり、これまでで最もパワフルで互換性のあるコンソールを作るための旅を始めるにあたり、私たちのデザイン決定の多くに影響を与えてきました。

互換性のある旅

私たちの互換性の旅は、E3 2015でXbox 360の後方互換性がXbox Oneに来ることを発表したことから始まりました。大好きなXbox 360ゲームの1つである『ファイナルファンタジーXIII』に飛び込んで、何年も前に中断していた場所に戻ったときのことを、まるで時が経っていないかのように瞬時に覚えています。瞬時にあの特別な時間と、ゲームを通じて築いた素晴らしい思い出や人とのつながりが蘇ってきました。コミュニティからのエネルギーと情熱は、今日に至るまで私たちのモチベーションを高め続けています。

膨大な量のハードワーク、技術革新、業界をリードするクリエイターとのパートナーシップにより、500 本以上の Xbox 360 ゲームを Xbox One に移植することができただけでなく、さらにアーカイブスをさかのぼり、初代 Xbox からのお気に入りのフランチャイズを復活させることができました。Xbox One で既存のゲームカタログを保存し、強化するための革新的な方法を開発したチームが、Xbox Series X でまたもや限界に挑戦しています。

基本的なシステムやチップアーキテクチャが世代を超えて進化しているため、互換性を維持することは大きな技術的課題となっています。開発者は、プレイヤーに最高の体験を提供するために、ゲーム機ならではの機能や性能に合わせてゲームを高度に最適化しています。Xbox シリーズ X をこれまでで最も互換性のあるコンソールにするためには、カスタム プロセッサの設計における大幅な革新と、次世代プラットフォームの中核となる Xbox オペレーティング システムとハイパーバイザーの独自設計の両方が必要でした。

すでに10万時間以上のプレイテストが完了しており、大ヒット作からカルト的な名作、ファンのお気に入りのゲームまで、何千ものゲームがXbox Series Xでプレイ可能となっています。Team Xboxに所属する私たちの多くは、XboxシリーズXをメインコンソールとして毎日プレイしており、世代間の切り替えもシームレスに行えます。この休日の発売までに、チームは20万時間以上もの時間を費やし、ゲームライブラリの準備が整っていることを確認して、すぐにゲームに飛び込むことができるようにしています。

すべてのゲームは、XboxシリーズX上でより良いプレー

ゲーマーは、これらの過去のゲームをすべてプレイできるだけでなく、これまで以上にプレイできるはずです。下位互換性のあるゲームは、Xbox シリーズ X ハードウェア上でネイティブに動作し、CPU、GPU、SSD のフルパワーで動作します。ブーストモードもダウンクロックもなく、すべての下位互換ゲームはXboxシリーズXのフルパワーで動作します。

これにより、すべてのタイトルが元々設計されていた最高のパフォーマンスで動作し、元々の発売プラットフォームでのゲームよりも何倍も高いパフォーマンスを発揮し、より高い安定したフレームレートと最大の解像度とビジュアル品質でのレンダリングを実現します。下位互換タイトルでは、Xbox Velocity Architectureを搭載したカスタムNVME SSDによる大幅なパフォーマンスの向上により、ゲーム内のロード時間が大幅に短縮されています。社内テストの一環として私の個人的なバックログをプレイしてみたところ、Xbox One およびそれ以前のゲームはすべて Xbox Series X で最高のパフォーマンスを発揮しています。

チームは、あなたのプレイ体験を向上させるために、ハードウェア性能の向上だけに満足していませんでした。チームは、すべてのゲームをさらに向上させるために、プラットフォーム レベルの新しい機能を開発しました。Xbox Advanced Technology Groupとの提携により、Xbox Series Xは、プラットフォームが自動的にゲームにHDRサポートを追加できるようにする、新しい革新的なHDR再構成技術を提供しています。この技術はプラットフォーム自体で処理されるため、ゲームのパフォーマンスへの影響をゼロにしてHDRを有効にすることができ、Xbox 360やHDRが存在する以前の約20年前に開発されたオリジナルのXboxタイトルにも適用することができます。

また、新しいクイックレジューム機能は、新しいゲームだけでなく、下位互換タイトルでも使用できるように設計されています。クイックレジュームでは、複数のタイトルで中断したところをそのまま再開することができるため、ユーザーは一瞬でゲームの楽しさに戻ることができます。

これらの進歩はすべてプラットフォームレベルで行われ、タイトル開発者が追加作業を行う必要はありません。

ゲームの保存技術の現状を前進させる

当初からの忠実なファンの遺産を守ることに加えて、全く新しい世代のゲーマーが過去のゲームをプレイして楽しむことができるようにし、クリエイターに敬意を払い、敬意を表することを可能にしています。

Xbox One X を皮切りに、互換性チームは、厳選されたタイトルのリストに適用可能な全く新しい技術革新を開発し、最初に作成された時の可能性よりもさらに向上させました。最大 4K までの解像度でレンダリングできる Heutchy 法や、異方性フィルタリングを適用して最終的な画質を向上させるなどの技術により、これらのクラシックなゲームは、これまで以上に現代の基準を満たすものとなりました。

Xbox シリーズ X のすべてのパワーと進歩により、互換性チームは、ゲームの保存と強化の限界に挑戦し、革新するための新たな能力を持つ、真の遊び場を手に入れることができました。互換性チームは、原作者の芸術的な意図とビジョンを尊重しながら、より多くのタイトルをより高い解像度と画質で動作させるための全く新しい技術を発明しました。また、一部のタイトルのフレームレートを30fpsから60fps、60fpsから120fpsへと2倍にする機能など、全く新しいクラスのイノベーションを生み出しています。

チームはまた、互換性プログラムに追加してほしいタイトルに関するコミュニティからのフィードバックにも引き続き耳を傾けています。歴史あるタイトルを復活させるには、技術的な課題とライセンスの問題が複雑に絡み合ってくることがよくありますが、チームはゲームの遺産を守り続けるために、できる限りのことをしていきたいと考えています。

今年のホリデーシーズンには、Xbox Series Xの発売が近づいています。

via XBOX WIRE

XBOX公式ニュースサイトXBOX WIRE

Xbox Series Xの互換機能は、おそらくPS5を遥かに凌駕していると言って良いくらいに充実した互換機能が実装されています。発売前の現時点でクラシックなものから現行世代まで幅広い数千ものタイトルが、Xbox SeriesXでプレイ可能な状態になっている様です。

既に、XboxOneのGears of War 1作目のUltimate Editionがネイティブ4K 60fpsで動く事が、デジタルファウンドリーのレポートで判明しています。

更に新たな情報としては、複数のゲームを入れ替わり切り替えても数秒で直ぐに続きからゲームプレイ出来るクイックレジューム機能が下位互換のタイトルでも可能という事です。

後は、以前も当ブログで紹介してますが、オートHDR機能。現行世代から20年前の非HDRタイトルでもHDR化されてプレイ出来る様です。更に30fpsから60fps、60fpsから120fpsへとフレームレートを倍増させる機能など、かなり充実しています。

来週にはソニーもようやくPS5の詳細?を公開すると噂されています。PS5、XboxSeriesXに共通して言える事は、私たちユーザーは次世代機ではCPUが4倍近く高速になりSSDも搭載され、現行機で待たされた時間が大幅に減る事です。それはゲームのロード時間だけでなく、通常の操作でも快適性が格段に向上するでしょうね。

そしてXboxSeriesXに関しては膨大な4世代に渡るゲームライブラリーの多くを Xbox One X以上にXbox Series Xで最高のバージョンをプレイ出来るという事です。年末の発売が待ち遠しいです。🔚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720