Mortal Kombatの生みの親エド・ブーン氏『PS5とXbox Series Xのロード時間が短縮されたことで、これまで考えられなかった扉が開かれる。』

Mortal Kombatの生みの親であるEd Boon氏は、特に次世代機のSSDに興奮しています。

業界全体の開発者が、PS5 と Xbox Series X のより強力なハードウェアの可能性や、今後のゲームの可能性について語っていますが、特に話題になっているのは、両方のコンソールに標準でソリッド ステート ドライブ(SSD)が搭載されていることです。これらの SSD は、ゲームのロード時間を大幅に短縮することを約束しており、特にそのことに興奮している開発者の一人は、Mortal Kombat生みの親で、ディレクターでもあるエド・ブーン氏です。

ブーン氏は、夏のゲーム フェスのために Geoff Keighley 氏とストリームで話しました (以下で見ることができます)。多くの人が次期コンソールで、ゲームのビジュアルがどれだけ改善されるかに注目していますが、ブーン氏がより興奮しているのは次世代ゲームのロード時間の短縮であり、ブーン氏によると、『開発者はこれまでのゲームでは不可能だったことを可能にすることができる』と言います。

『新しいゲーム機が出てきて、みんながグラフィックはどうなっているんだろうと言うのは面白いですね。』とブーン氏は語っています(Twinfiniteより引用)。

『ロード時間が、ほぼゼロになるというインパクトを過小評価しているように思います。これまでは考えられなかったような扉が突然開かれることになります。』

via Gamingbolt

今、最も弾けているであろうモータルコンバットの生みの親である、エド・ブーン氏は次世代ゲーム機にSSDが標準装備された事が非常に大きいとみているようです。

ご存じのようにコンソールの利点は、個々のユーザー全てが同一スペックハードなので、完全に一つのスペックにターゲットを絞って開発出来る事です。

つまり、PS5、XboxSeriesXが高速なSSDを標準で搭載した事で、高速SSDを前提にフォーカスして開発出来る事を意味します。

足枷だったCPUも4倍強力になり、GPUパワーも倍増、そこに数倍、いや数十倍の転送速度の高速SSDも相まって、現行機では不可能な様々な可能性が広がるようです。私たち素人が考えている以上に、大きく変わる可能性があるようで楽しみです。🔚

MortalKombat公式ホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720