【ビジネスインサイダー誌】マイクロソフトのXboxは「ゲームのNetflix」を作ることに関しては、既にソニーのプレイステーションを打ち負かしている。

映画、テレビ、音楽と同様に、ビデオゲーム業界は現在、サブスクリプションサービスへのパラダイムシフトを経験しています。

マイクロソフトのXboxには「Xbox Game Pass」、ソニーのPlayStationには「PlayStation Now」があり、進化するゲームライブラリにアクセスできるサブスクリプションサービスを提供しています。

ソニーの「プレイステーション4」は1億台以上を販売し、大成功を収めたにもかかわらず、2015年にサービスを開始した「PlayStation Now」を利用している人はわずか220万人にとどまっています。一方、2年遅れの2017年の6月にサービスを開始したマイクロソフトのXbox Game Passサービスの利用者数は、先日1,000万人を超えており、Xbox Oneの販売台数はPS4の約半分と推定されています。

これは、ソニーとマイクロソフトが「ゲーム版NETFLIX」を構築するために競争していることを示すもので、今年のホリデーシーズンに発売される予定の次世代機「PS5」と「Xbox Series X」の主要なサービスの一つです。

2017年夏、マイクロソフトはXboxの新サービスに野心的な賭けをしました。それが「Game Pass」です。

このサービスは100以上のゲームのライブラリを提供するもので、料金は月にわずか10ドル。しかも、『Halo』から『Gears of War』、『Forza Motorsport』まで、マイクロソフトが発表した主要なXBOXゲームはすべて、発売時にライブラリとして公開されます。

NETFLIXのようにストリーミングのようなものだと思っているだろうが、Game Passはストリーミングではなく、タイトルを実際にコンソールにダウンロードすることになります。

それ以来数年の間に、Xbox Game Passはゲーム業界で最もお得なサービスの一つとなりました。4月下旬現在、ゲームパスのユーザー数は1,000万人を超えています。

一方、ソニーの「PlayStation Now」も同様のサービスを提供しているが、ここまでの勢いはありません。

PlayStation Nowは2014年にPlayStation 3でサービスを開始した後、PlayStation 4に移行しましたが、ソニーによると、4月下旬現在の利用者数は220万人に留まっています。

注目すべきは、2019年3月に約100万人だったユーザー数が2020年4月には220万人を超えるなど、昨年よりも大幅に増加していることです。

しかし、このように大幅に増えたとはいえ、PlayStation 4の所有者のうち、PlayStation Nowにお金を払っている人は2%にも満たないのです。

Xbox Oneの所有者のうち、どのくらいの割合でGame Passの利用料を支払っているのかを正確に把握することは不可能ですが、マイクロソフトにとっては、これまで以上に重要性が低くなっています。サービスにお金を払っている限り、マイクロソフトはXbox、PC、スマートフォンでプレイしていても気にしません。

長期的には、マイクロソフトは、いわゆるコンソール戦争よりも、AmazonやGoogleのような企業との競争を心配していると言います。

「任天堂とソニーについてよく聞かれるが、 我々は彼らに多大な敬意を持っています。 Xboxのリーダーフィル・スペンサーは、この今年の2月に公開されたインタビューで「我々はAmazonとGoogleが今後の主要な競争相手と見ている」とインタビューで話しています。

XBOXのゲーム機を作っているマイクロソフトのXbox部門は、GoogleとAmazonからの脅威を感じています。

Googleの場合、そのサービスはStadiaという名前で、Netflixのようなゲーム・ストリーミング・サービスで、ゲーム機を必要とせず、様々なデバイスにゲームをストリーミング配信するものです。

Amazonの場合はまだサービスがなく、「Project Tempo」というコードネームのサービスが準備中と言われています。また、AmazonはすでにAmazon Web Services (AWS)に堅牢なクラウドインフラを構築しており、Microsoftの堅牢なAzureクラウドインフラと競合しています。

「AmazonとGoogleは、いかにして世界中の70億人にゲームを届けるかに注力しています。最終的には、私たちもそれが目標です。」とフィル・スペンサーは話しています。

PlayStation Nowの220万人に対して1,000万人以上のゲームパス加入者を抱えるマイクロソフトは、70億人にはまだ遠い道のりですが、ソニーだけでなく競合他社に圧倒的な差をつけています。

via Business Insider

マイクロソフトのゲームパスはXBOX LIVE GOLDも含まれているので、ゲームサービスのみのPS4 NOWと比べるのは違うという見方もあるでしょう。

しかし、ゲームサービスが確実に月額課金に向かおうとしており、それはマイクロソフトのゲームパスが数年で1000万人の加入者数を超えている事からも、明らかです。マイクロソフトが、史上最大規模で多数のゲームスタジオを買収して統括するXBOX GAME STUDIOの傘下に収めたのも、次世代Xbox Series Xの為だけでなく、好調なゲームパスの購入者数を更に増やす狙いも間違いなくあるでしょう。

マイクロソフトが開発したファーストパーティータイトルは、発売と同時に即、ゲームパスに加わり初日からダウンロードしてプレイ出来るという強みは非常に大きいと思います。これこそがゲームパスの強みでお得感を感じる最大の要因です。

ソニーもようやく自社のビッグタイトルを発売から時間が経過してからですが、PS NOWに追加するようになり、契約者数も倍増と即数字に現れた通り、ソニーも次世代機に合わせてファーストパーティーのタイトルを、発売と同時にPS NOWに加える方向性に行かないと、マイクロソフトに太刀打ちは出来ないかもしれません。

そうなると、ストリーミングでは限界が出てくるのではないかと思います。ソニーは以前、Gaikaiを数百億円で買収しPS NOWを立ち上げたので、この路線がこの先どうなるのか興味深いなと思います。 🔚

PlayStation NOWホームページ

Xbox Game Passホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720