ソニー、PS+の加入者が4150万人に到達、PS NOWの加入者数も発表。

ソニーは本日、毎年恒例の経営戦略会議を開催し、PS+とPS Nowの加入者数の最新情報を発表しました。

PS+の加入者数は4,150万人に達したと、ソニーの代表取締役社長兼CEO 吉田健一郎氏は述べています。一方、PlayStation Nowは2020年4月末時点で220万人の加入者数を突破しています。

しかし、PS Nowがサービス開始されたのが2014年であることを考えると、比較的低い数字で伸び悩んでいるとも見えます。

グラフにあるように、この1年でほぼ倍増している要因は、ソニーが大作ゲームのいくつかを定期的にPS Nowのライブラリに入れることを決めたからでしょう。これは明らかに先日加入者数が1000万人突破というマイルストーンを達成した、マイクロソフトのXBOX GAME PASSを意識しての方針転換とも言えます。

マイクロソフトのXBOX Game Passはサードの大作も豊富で、定期的に入れ替わり、マイクロソフトのファーストパーティー大作は全て発売と同時にGame Pass入りし、遊べるのでその点ではまだまだマイクロソフトのGame Passの方が圧倒的にお得感はあると言えます。しかも全タイトルがコンソールにダウンロードしてプレイ出来る点では、ネット回線に関係なくプレイ出来るという点では良いと言えます。

ソニーはこの倍増を受けて、PlayStation Nowはさらにプッシュされていくことになりそうです。会社説明会と並行して公開されたプレスリリースでは、クラウドストリーミングサービスの存在が改めて強調されています。重要な独占タイトルがタイムリーにPS NOWに配信されることになるのかどうか、注目です。

PlayStation Nowのクラウドストリーミングサービスとリモートプレイ機能を利用することで、いつでもどこでもシームレスなゲーム体験を楽しめます。リモートプレイ機能の利用率も前年比で大幅に増加し、2018年12月から2019年の間に2.5倍に急増したとソニーは発表しています。 🔚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720