【UE5は2021年後半にリリース】Xbox Series XとPS5のタイトルの全てが次世代グラフィックス、60fpsになるとは限らない。

MicrosoftとSonyの両方が、今後のXbox Series X(XSX)とPlayStation 5(PS5)が比類のないパフォーマンスを提供し、マイクロソフトも120fpsなどアピールしていますが、30fpsはまだ次世代体験の一部として残り、無くならないようです。

数日前、MicrosoftのXbox Gamesマーケティングのゼネラルマネージャーであるアーロン・グリーンバーグは、60fpsがマシンの「標準」であると主張していましたが、翌日にUbisoftは、アサシンクリード・ヴァルハラがXbox Series Xでは「少なくとも30 FPS」で動作することを明らかにしました。UBIはより高いフレームレートで動作するかどうかは確認出来ませんでした。その後、マイクロソフトのアーロン・グリーンバーグ氏は「60fpsは強制ではない」と述べました。つまり、Xbox SeriesXの次世代でも開発者は、まだ30fpsのゲームを作る事ができます。

これは少なくともXbox Series Xでは30fpsのゲームもまだあることを意味します。Ubisoftの開発チームが先々にネイティブ4K解像度と60fpsに出来る事を期待していますが、保証はありません。明確な答えが出るには2020年の年末か、または開発スタジオがその前にグラフィックの品質について具体的に話す時まで待つ必要があります。

次に、PS5については最近、Epic Gamesは、Unreal Engine 5がPS5に加えXbox Series Xでも「完全に」サポートすることを公式に発表しました。EPICはいくつかの素晴らしい映像のデモを提供しました。素晴らしい質感と照明は信じられないほどに美しく見えますが、Digital Foundryによると、PS5フッテージは負荷に応じて解像度を落とす動的解像度を採用し、場面のほとんどが1440p(おそらく2560×1440)と30fpsでレンダリングされていました。レイトレーシングも使われていません。レイトレーシングは、現実世界に近いより動的な照明と反射を提供する次世代の機能として宣伝されています。

ゲームエンジンがゲーム機用に適切に最適化されるまでには、しばらく時間がかかりますが、Xbox One XとPlayStation 4 Proに関する議論では、開発者はコーディングが非常に簡単なため、数日で4Kに達すると言っていました。しかし、次世代に飛躍するローンチタイトルでもUBI Softはメジャー大作のアサシンクリード ヴァルハラでは30fps、Epic Gamesは1440p 30fpsのトゥームレイダースタイルの技術デモでした。もちろん、これらは限られたサンプルにすぎませんが、2020年後半にローンチされるタイトル全てが必ずしもアンリアルエンジン5の様な次世代グラフィックになるわけではありません。

うまくいけば、1年半後の2021年末に向けて、開発者が両方のゲーム機を最大限に活用出来るようになるでしょう。彼らがゲーム機の能力を最大限に活かせるようになるには通常1年以上はかかります。また、記事執筆時点(Windows Central 2020年5月16日)でハードウェアを紹介する実際のゲーム内のプレイ映像を見たことはありません。

5月のInside XboxによるMicrosoftのデモンストレーションは大幅にカットされており、実際に最終製品版を代表するものではありません。

PS5、XboxSeries Xを購入検討する理由はたくさんあります。マイクロソフトの Xbox Velocity Architectureを使用して読み込み時間を短縮する機能、NVME SSD、3Dオーディオ、ソニーも爆発的な速度を誇るSSD、Dual Senseコントローラーで約束されている機能の一部などは非常に印象的です。ただし、アンリアルエンジン5で見たような、驚異的なビジュアルの飛躍を期待している場合、それは発売日に起こりそうにないことは明らかです。

アンリアルエンジン5が正式にフルリリースされるのは2021年後半で、EPICのFortniteも2021年後半にUE4からUE5に移行する事が発表されています。つまり、UE5の機能をフルに活用した真の次世代と言えるグラフィックスは、2021年末〜2022年以降でないと期待出来ないかもしれません。何回も言いますが、今年末に発売されたタイトルがUE5のようなグラフィックスになる事を期待しない事です。

ライティング、テクスチャーなど確かにいくつかの目覚ましい改善はあるでしょう。ただし、XBOXには4世代に渡る後方互換、そして初代XBOXやXBOX360のタイトルが4K、高フレームレート化されるEnhancedという機能は大きく飛躍しそうですし、PS5もいくつかのPS4世代のタイトルはより滑らかなフレームレートなども期待出来そうなので、そのような機能には期待をして良いかもしれません。

海外記事をおおよそ要約したものですが、UE5をPS5実機で公開した事で、あまり事情を知らないエントリー層ユーザーさんの場合、PS5を買えば直ぐにあの驚異的なグラフィックレベルでゲームが遊べる、と受け止める人も少なからずいると思うので(現実に私の周囲にはたくさんいました)、開発スタジオがハードウェア(PS5、XboxSeriesX)の能力をフルに活用したタイトルが出てくるのはしばらく先という事です。

もちろん、ソニーやマイクロソフトの傘下である、ファーストパーテイースタジオはハードウェア開発にも深く関与しつつ開発しているという利点で、サードパーティよりは先に能力を発揮したタイトルを出せるかもしれません。

でも前述したように、UE5のフルリリースが2021年後半と1年半も先だということは頭に入れておいた方が良さそうです。

via Windows Central

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720