Xbox Series XでBright Memory Infiniteが発売する事になったので、PC版Bright Memoryをプレイしてみました。

先日のインサイドXBOXの冒頭で、いきなりゲームプレイ映像で紹介された、BRIGHT MEMORY INFINITE。

インサイドXBOXの冒頭で紹介されたXboxSeriesXによるゲームプレイ映像。
   

個人デベロッパーFYQDがUnreal Engine 4でなんと1人で開発したと言われているタイトルで、FPSとアクションを融合した非常にスピード感あふれるFPSシューターアクションです。

折角なので、STEAMでアーリーアクセス版をプレイしてみました。

ゲームは、超自然科学研究機構(SRO)に所属するシアが主人公で、さまざまなスキルや能力を組み合わせ華麗なコンボを決めていけますが、とにかくアクションがスピーディーで操作とシステムに慣れないと、中々華麗にゲームプレイ出来ませんでした。

このアドレナリンが出そうなスピーディーなゲームプレイはDOOMと同じ感覚だと思いました。動画は英語音声ですが、日本語吹替音声も収録されています。

グラフィックは4Kでプレイすると、非常に鮮明クリアでライティングも非常に綺麗で、とても個人が製作したとは思えない仕上がりです。プレイ動画は全て最高設定にし、4K 60fpsでハイビットレートでキャプチャーしましたので、グラフィックの綺麗さ、スピーディーな感じは分かると思います。ただし、カッコイイプレイではないですw

発売前のアーリーアクセス版なので、1時間もしないでプレイは終わります。インサイドXBOXで披露されたステージはありませんでした。製品版で収録されるステージのようです。BRIGHT MEMORYをSTEAMで購入すると、INFINITEがフリーで入手出来ます。

所々で粗さこそありますが、期待の新作と言って良いと思います。おそらく、Xbox Series Xで発売する事が決まったので、マイクロソフトからも開発人材が大量に支援されると思うので、製品版はよりブラッシュアップされて出てくるでしょう。FPS好きならプレイして損はないタイトルです。🔚

STEAM – BRIGHT MEMORY

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720