スターウォーズ、マンダロリアンシーズン2にボバ・フェット登場!

スターウォーズに登場する数多くの登場キャラクターの中でも、マニアの間でも人気のあるボバ・フェットが、スターウォーズのスピンオフドラマの「マンダロリアン」シーズン2に登場する事が判明。アメリカのハリウッドレポーターが報じてます。明かしたのは、映画スターウォーズのエピソード 2クローンの攻撃でユアン・マクレガーのオビワンと決闘したジャンゴフェットを演じたテムエラ・モリソン。

ボバ・フェットはマンダロリアンの装甲を装着した賞金稼ぎ(バウンティーハンター)。左手の装着したフックと背中に装備したジェットパックで武装したキャラクターです。

エピソード2に登場した銀河共和国時代に活躍した賞金稼ぎジャンゴ・フェットのクローンです。エピソード2でも描かれていますが、ジャンゴ・フェットがカミーノで製造するクローン軍へ遺伝子を提供する代わりに、自分自身の純粋なクローンを作らせてジャンゴフェットが息子として育てたのがボバフェットです。つまり、ジャンゴのクローンがボバなので、同じ容姿なわけですね。

ボバフェットは、スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲(1980)で、ダースヴェイダーからカーボン冷凍されたハン・ソロを受け取りジャバザハットに持ち込んだキャラクターでもあります。

そしてスターウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還(私の世代では今でも「ジェダイの復讐」と認識)でタトウィーンでハンソロの偶然の攻撃で背面のジェットパックが暴走、サルラックの穴に落ちて情けない死を遂げますw

そしてディズニーが製作したドラマ「マンダロリアン」はジェダイの帰還の後に、滅亡した帝国軍がいない状況下が舞台です。

ハリウッドレポーターによれば、登場するボバフェットは小さな役割での登場になるそうですが、どういう経緯であのサルラックの穴から生還したんでしょうかね?wボバフェットがもう一人クローンがいたとか?この辺りが気になりますね。

マンダロリアンのシーズン2は、昨年2019年10月頃から撮影が開始され、丁度新型コロナウィルス危機の起こる直前の3月に撮影終了していたそうで、ギリギリだったんですね。。シーズン2はロザリオドーソンや、ターミネーターやマイケル・ビーンも登場しますし、エピソード監督にロバート・ロドリゲスも名を連ねているので、シーズン2も期待です。

ディズニープラスもようやく6月に日本でサービス開始されますし、そうなるとマンダロリアンも4Kで観れるのかもしれないので、本当に楽しみです。

via The Hollywood Reporter

ディズニープラス日本公式ホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720