ホライゾン・ゼロ・ドーン、3部作として2作目がPS5用として開発中の模様。

複数の情報筋がゲームメディアVGCに語ったところによると、ソニーインタラクティブエンターテインメント(SIE)は、ゲリラ・ゲームズが開発したホライゾン・ゼロ・ドーンの3部作という野心的な計画を承認したようです。

アムステルダムを本拠地とし、キルゾーンなどで知られるゲリラ・ゲームズは、ホライゾン・ゼロ・ドーンの続編を開発することを常に望んでおり、複数の脚本が作成されていましたが、この計画は、1作目がPlayStation 4で素晴らしい成果をあげた後に正式に合意されたようです。

1作目はPS4Proのグラフィックショーケースとしてもよくメディアに取り上げられました。

     

情報源によると、続編の2は1作目が大成功した直後に開発を開始したようで、当初はPlayStation4用として計画されていましたが、現在開発は完全にPS5にフォーカスして開発されているようです。

Horizo​​n Zero Dawn 2はより大規模で巨大な世界となっているようで、前作よりも自由に探索でき、更には協力プレイ機能が含まれていると言われています。

ただし、この協力プレイがメインとなるシングルキャンペーンとは別のモードになるのかは明確ではないようです。

協力プレイは、ゲリラゲームズが長い間シリーズに導入することを目指しているようです。協力プレイの機能は当初1作目に実装を検討されたようですが、最終的に開発チームはゲームの完成度を上げる事に集中する事で廃止されたようです。 2014年にネットに流出したホライゾン・ゼロ・ドーンのコンセプトアートでは、複数のプレイヤーがゲームの巨大な機械動物と戦うという最初の計画を表しています。

ソニーは、PS5の革新的なコントローラーDual SenseについてWIRED独占記事で明かした中で、『プレイヤーが弓を弾いて矢を射る時に、本物の矢を引くときのような張力を振動を介して触覚で感じられる』と言及しているので、もしかするとホライゾン・ゼロ・ドーン2の事を言っていたのかもしれません。

PS5のDual Senseコントローラーの「触覚」による表現と爆速SSDでゲームがどう進化するのか興味深いです。
         

ホライゾンのPCバージョンと、1作目の後が描かれるコミックシリーズが今夏リリースされるので、そのまま続編の2のプロモーションに繋がる展開を予定しているのかもしれません。

1作目のPC版はレイトレーシング対応してくれると嬉しいですが、、無理かな。。

個人的にはホライゾンのPC版はレイトレーシング対応して欲しいですし、どれくらいグラフィックが向上するか非常に楽しみです。続編のホライゾン2がPS5の爆速SSDでどう活用され進化するのか、そしてDual Senseの触覚によってどれくらい目新しい物が生まれるのか、興味が尽きません。 🔚

Horizon Zero Dawn日本公式ホームページ

Sony Intaractive Entertainmentホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720