スーパーマッシブ・ゲームズ開発者「PS5のDual Senseコントローラーには興奮しています、」

Until Dawnなどで知られるスーパーマッシブ・ゲームズのチーフである、ピート・サミュエルズ氏が、海外のゲームメディア「GameReactor」のエディターとチャットインタビューで、最近発表されたDualSenseコントローラーについて聞かれ「私たちは本当に興奮しています。Until Dawnだけでなく、VRゲームの開発に数年を費やし、音声コントロールなどいくつかのことを試してきました。とにかく新しいものが好きで、新たにデザイン、構築するのが好きです。」と回答。



更に「過去には、Until DawnのDual Shock 4のモーションセンサーなど実験的な事をしてきたので、新たな体験を創造するのはスタジオが探求し続けたい領域です。Dual Senseコントローラーの触覚は、ゲーム内のキャラクターが体験する感触がプレイヤーの手に伝わる事が出来ると期待されるので、それが出来ればキャラクターにより良い愛着を感じる事に繋がると思います。既にいくつかの新たな事を議論、検討しています。」

「次世代ゲーム機は常にエキサイティングです。ストリーミングプラットフォームはゲームの視聴者を拡大するため、非常にエキサイティングです。私たちは、映画視聴者やTV視聴者をもたらす体験の種類の観点から、私たちの世界で何が出来るかを常に考えています。今後、数年間でよりワクワクすることがたくさんあります。」

どうやらDual Senseコントローラーに搭載される、リニアモーターを使った高精度な振動制御による新たな機能(WIREDではハプティック(触覚)と呼んでおり、任天堂のSwitchも採用)は、クリエイターにとって非常に挑戦しがいのある、クリエイティブ意欲を掻き立てられる機能のようです。

プレイヤーにとっても新たな触覚による体感は本当に楽しみで、Dual Senseによるゲームプレイは早く体験してみたいものです。 🔚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720