CRYTEK、名作CRYSISリマスター版を公式発表

CRYSISは、RYSE Son of Romeなどを開発したCRYTEKが2007年にEAより発売したFPS SciFiシューターの名作です。PC、Xbox、PS4、Switchで発売されます。

CRYSISリマスター公式アナウンストレイラー

ただし、まだ発売日はアナウンスされておらず、公式サイトではメーリングリストに登録を推奨しています。いち早く情報の欲しい方は、登録された方が良いかと思います。

CRYSISは、北朝鮮軍に占拠された島で学者を捜索するために、マキシマム機能を装備した特殊ナノスーツを装着した米軍特殊部隊が数々の脅威に対応していくFPSシューターゲームで、当時は最先端グラフィックテクノロジーが採用され、処理が重いことでも有名なタイトルでした。ハイエンドPCのリファレンス的なポジションでもありましたね。私も当時、CRYSISを最高設定でサクサク動かしたくて色々と自作PCでトライした記憶があります。

ここ数年でグラフィックのテクノロジー、ハードウェア・テクノロジーも格段の進歩を遂げ、過去の名作が最新テクノロジーで次々とまるで別世界の様なゴージャスなグラフィックスで新たに蘇るのは、1ゲームファンとしても嬉しい限りです。

バイオハザードも素晴らしい完成度でリメイクされてますし、最近のCODモダンウォーフェアシリーズも同様で、今月はセインツロウ・サードもリマスター版が発売されますので、今後も続々と過去の名作が蘇る事になるのでしょう。

セインツロウ ザ・サードのリマスターは5月22日発売

 🔚

CRYSYS公式ホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720