世界はマイナス3%成長予測の衝撃。IMF「大恐慌以来の悪化」

国際通貨基金(IMF)は14日に改定した世界経済見通しで、2020年の成長率予測をマイナス3.0%に引き下げました。新型コロナウイルスの影響で1月から6.3ポイントも下方修正。2009年の金融危機を超え「大恐慌以来の経済悪化」だとIMFのゲオルギエバ専務理事。

IMF ゲオルギエバ専務理事

          

ただし、感染拡大を年内に封じ込めれば、来年2021年は6%近い経済成長が可能としています。

2020年の世界経済は、2.9%のプラス成長だった昨年2019年から大幅に悪化し、2009年(0.1%減)以来のマイナス成長になる可能性が濃厚となっています。

1年間でIMFの予測の3%も縮小となると、90兆ドルもある世界の国内総生産(GDP)が2.7兆ドル(約288兆円)も落ち込む事になります。この衝撃は計り知れません。。

日本は5.2%のマイナス成長を予測、2009年(マイナス5.4%)以来の大幅落ち込みの可能性大。

そして、感染者数が58万人突破で世界最大の被害国となってしまった米国は、マイナス5.9%と景気悪化が深刻になりそうです。。同じくユーロ圏も、マイナス7.5%と一段と厳しい景気後退となってしまい、被害が深刻で外出規制まで出ているイタリアはなんとマイナス9%と予測。。

一方で、新型コロナ被害を最初に受けた中国は、4~6月期から段階的に回復軌道に戻り、今年2020年の成長率は1.2%のプラスを維持出来ると見られているそうです。発端国が早々に回復軌道に乗るというのは、なんとも納得のいきませんね。。

感染拡大前に大規模な経済活動制限をしたインドも、1.9%のプラス成長を見込む模様。一方で通貨安で苦しむブラジルや南アフリカなどは一段と景気が下押しされ、それぞれ5%台のマイナス成長に落ち込むらしいです。

本当に大変な状況です。。特にアメリカの被害拡大とイタリアの景気悪化予測指数が深刻です。。

正直、こんな深刻な状況下でゲーム機の発売云々言ってられないのかもしれませんが、マイクロソフトもソニーも予定通り年末発売のスケジュールは、「今の所は問題ない」とはしていますが、4〜6月くらいの間にコロナウィルス懸念をある程度抑え込んでピークアウト出来ないと、コロナ懸念長期化で自粛の空気さえも出てきてしまい、最悪の場合延期の可能性すらあり得ます。。なんとか年内の封じ込めが出来れば良いですが、、 🔚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720