バイオハザード3リメイク、早くもXbox One Xに修正パッチが配信、フレームレートが大幅に向上し安定。

バイオハザード3リメイク、製品版がリリースされXboxOneX版は3840x2160Pの4Kでフレームレートが不安定PS4pro版は、2880x1620Pでフレームレートは安定という結果でしたが、発売から早くもXboxOneX版にパッチバージョン1.0.0.5が配信され、フレームレートが大幅改善しました。YOUTUBEのテック解析のVG Techが比較ビデオを公開し、XboxOneX版のフレームレートがゲームプレイ中はほぼ60fpsで推移するようになり、PS4Pro版より高く安定しています。

しかし、解像度は3840x 2160Pの4KからPS4Proと同じ2880x1620Pに落ちています。とは言えどもPS4Pro版のフレームレートより10〜20%高く安定しています。

しかもPS4Pro版と同じ解像度にも関わらず、PS4Pro版よりジャギーが少ない事から、解像度を落とした事で処理性能、メモリー容量の多さで勝るXboxOneXに余力があり、AAが効いてるのかもしれません。解像度が4K 3840x 2160Pから落ちてしまったのは残念ですが、解像度もフレームレートも最高をという欲張りな方は、PC版でどうぞという事になりますw

PC版はグラフィックボードが2080Tiならば、ほぼMAX設定でも3840x2160P 60fpsで快適にプレイ出来ます。テクスチャーも高精細でPC版に見慣れてしまうと、コンソール版が若干甘く感じてしまう程ですので、従来通り最高のクオリティでプレイしたいとなれば、PC版という事になります。  🔚

バイオハザードRE3リメイクカプコン公式ホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720