Xbox Series XのCPU処理性能はRyzen5 1600/1600AF相当?

先週、マイクロソフトがXboxSeriesXの仕様や機能を公開しましたが、注目されたのは12テラフロップスという現在のPCハイエンドグラフィックスカードなみの驚異的なスペックが大きな話題となりましたが、CPUに関してはあまり話題になっていません。

そこに、John Prendergast氏が自身のブログで、次世代ゲーム機PS5とXboxSeriesXのこれまでリークされてきたクロックや、ベンチマーク、そして現在のCPUラインナップ、そしてマイクロソフトの仕様発表内容を考慮した上で、CPUのスペック、チップの消費電力などを算出しています。

それによると、XboxSeriesXのCPU処理能力がRyzen5 1600/1600 AFと同等で、出てきたフルートAPUの能力にほぼ一致するとの事。

更に、PS5のダイTDPの合計は推定43 W + 116.5 W + 5 W = 165 W、XboxSeriesXは推定10 W + 184 W = 194Wと推測しています。

次世代機に関してマイクロソフトがかなり詳細にアナウンスしたとは言え、Johnn氏自身もまだまだ不明な点もあり不完全な情報に基づいた検証でもあるとしています。これが100%真実とは言い切れませんが、非常に興味深い数値である事は確かですね。

気になったのはPS4Proの160W、XboxOneXの180Wと比べると奇妙なくらいに現行機の消費電力差とスペック差の比率が噂とほぼ合う事。14nm→7nmになった事も考慮すると、PS5が9テラフロップスというリーク情報に、14nm 165W→7nm 160Wというのは、比率的にもある程度合うような気もします。

ま、発表されるまでのこうでもない、あーでもないと色々と推測、想像を膨らませるのが1番楽しくもワクワクするわけで、私もこういった話は大好きですw

マイクロソフトの様に次々と積極的な情報公開しているのとは対照的に、ソニーはなぜかPS5の具体的な処理性能に関してここ最近は沈黙している印象。情報をあまり公開していないと言われても仕方なく、様々な憶測が飛び交う状況です。そろそろ、ソニーもPS5の具体的な処理性能に関する情報を出して欲しいところですね。 🔚

日本マイクロソフトXbox Series X公式解説ホームページ

日本マイクロソフトXboxSeriesX公式ホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9.1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのLG 55インチNANO91 4K 120Hzで検証しています。様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質をモットーに4K解像度のゲームプレイ、PCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。  https://www.youtube.com/user/hidebusa720