CATEGORY 超常現象

元国防総省高官のクリス・メロン氏、先日公開したアメリカ国家情報長官室(ODNI)のUAPレポートに関しての意見を述べる。

      元国防総省高官で、2017年ニューヨークタイムズに海軍のパイロットが撮影したという3つのビデオをリークし、現在の米議会のUAP解明機運を高めた功労者で仕掛人でもクリストファー・メロン氏は、先日米政府が公開した…

元CIA職員ジョン・ラミレス氏、「ロズウェルUFO墜落事件」について、なぜ政府が語ろうとしないのか、その衝撃的な理由を語る。

CIA職員として25年の経歴を持つジョン・ラミレス氏が、UAP(UFO)に関して驚くべき内容を語っています。 ラミレス氏が明かした主張の中で、最も驚くべきは人類ハイブリッド化計画についてです。ラミレス氏は、1947年にニ…

元国防総省高官クリス・メロン氏「ほとんどのアメリカ人は知らないが、バイデン大統領は地球上にエイリアンが存在する事を確認出来る、広範囲に及ぶ法案に署名した。」

       元国防総省の高官で、情報機関の重鎮でもあり、一連のUFO(UAP)情報公開への機運を高め、現在の米国政府のUAP情報公開姿勢へ転換させる道筋をつけた仕掛け人でもある、クリストファー・メロン氏が、自身のブログ…

【鋭意調査中】米国防総省、専門部署AAROによるUFO(UAP) 調査結果にほとんど答えを出さずも、新たに数百件もの報告を受けている模様。

    国防総省は金曜日に、7月に未確認物体(UAP、UFO)の目撃を専門に扱う部署である、全領域異常解決局(AARO=空、水中、宇宙での未確認物体を調査するために7月に設立)を設立して以降、未確認飛行物体(UAP=UF…

米議会が「UFOの正体の真相解明」のために、統一データベース・システムを設立、内部告発者を保護をする事も検討。これまでで最大の動きを見せる。

           米国議会は、UFOを本格的に調査するため、謎の物体との遭遇を報告するための安全なデータベースを作成することを決議したようで、これまでで最大の動きとなるようです。 米国当局は今後、UAP(UFO)目撃…