CATEGORY 海外ニュース

国防総省の監察総監室による内部報告書で「国防総省は未確認物体の侵略から自国を守る能力」に対して懸念を示している事が判明。

国防総省(DoD)は、2004年に米海軍戦闘機が撮影したようなUAPを追跡・分析するための包括的あるいは協調的な取り組みを欠いていると、新たに機密解除された文書から明らかになっています。 これは、ロバート・P・ストーチ監…

超党派の米下院議員が、民間航空機パイロットや職員が仕事に悪影響なくUAP(UFO)目撃報告を行えるための新たな法案を提出。

超党派のロバート・ガルシア下院議員(民主党、カリフォルニア州選出)とグレン・グロスマン下院議員(共和党、ウィスコンシン州選出)の2名が、民間航空会社に従事するパイロットやその他の職員による未確認異常現象(UAP、別名UF…

クリストファー・メロン氏の最新コラム「情報公開と国家安全保障:米国政府はUAPについて知っていることを明らかにすべきか?」が興味深く中身の濃い内容。

現在の米国議会でのUAP(UFO)情報公開機運への流れを作った影の立役者の一人でもあり、元上院情報委員会の少数派スタッフ・ディレクター、国防総省情報担当副次官補を務め、米国情報機関に20年近く在籍した経歴を持つクリストフ…

米国防総省のUFO調査組織AAROのトップ、ショーン・カークパトリック博士が年内に退任?多くの内部告発者から批判が出ていた模様。

     国防総省のUFO担当部署AARO(全領域異常解決局)の責任者でもあったショーン・カークパトリック博士が、UFOの内部告発者について虚偽の発言(隠蔽など)をし、政府が「無関心な雰囲気」を醸成したと非難する苦情が内…

2024年国防権限法(NDAA)に盛り込まれるUAP文言を巡り、議員の間で対立が起きている模様。背後にUAP機体など保有しているとされている軍事企業が関係か

複雑さ、対立、そして国家安全保障上の重大な懸念。 2024年の国防権限法(NDAA)に盛り込まれる可能性のある未確認異常現象(UAP)の文言を巡ってワシントンの政治家の間で分裂が起きているようです。 このような分裂の要因…